スウェディッシュ・ラウンディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スウェディッシュ・ラウンディング (Swedish rounding、スウェーデン式の丸め) とは、整数を最も近い5の倍数丸めることである。硬貨の最小額が1でなく5である場合などに使われる。

二捨三入(にしゃさんにゅう)、または、より細かく二捨三入・七捨八入と呼ばれる。

算出法[編集]

整数に対し、最も近い5の倍数に丸める。つまり、端数が1か2の場合は切り捨て、3か4の場合は切り上げる。端数が0の場合はもちろんそのままである。

10での剰余(あるいは言い換えれば、1の位の数字)で考えると、0から2の場合は0に、3から7の場合は5に、8か9の場合は10にする(0にし、10の位を1繰り上げる)ことになる。つまり図式的には次のようになる。

 67 | 89'0'12 | 34'5'67 | 89

この算出法は原則として、整数に対してのみ行う。もし非整数に対し機械的に適用すると、たとえば2.9が、最も近い5ではなく0に丸められるといった不都合が出る。なおこれは、5を丸め幅とした「五捨六入」をほどこすことと等価である。

歴史[編集]

スウェーデンの通貨単位、スウェーデン・クローナには補助通貨としてオーレがあるが、1972年、1オーレおよび2オーレ硬貨が廃止されて、5オーレ硬貨しか使えなくなったため、端数の支払いを可能にするために導入された。しかし、その後1985年にスウェーデン政府が5オーレおよび25オーレ硬貨を廃止してからは最低単位が50オーレとなったため不要となり、使用されなくなった。

その後1990年、今度はニュージーランドで通貨の処理に際し、利用されるようになった。ニュージーランドの通貨、ニュージーランド・ドルの補助通貨はセントであるが、1セントおよび2セント硬貨が廃止されて、5セント硬貨しか使えなくなったためである。しかし、その後5セント硬貨も廃止されたため、四捨五入が使われるようになった。

カナダでも2013年2月4日よりカナダドルの1セント硬貨が廃止され、5セント硬貨しか使えなくなったため、現金での支払いにおいて1セントの桁にこの方式が導入された。