スウィートウォーターウインドファーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

スウィートウォーターウインドファーム(Sweetwater Wind Farm)はテキサス州ノーラン郡集合型風力発電所。2003年に運転を始めた[1]

第1工期では25基のGE製1.5MW・S発電機を、第2工期では61基のGE製1.5MW・SLE発電機を、第3工期では90基のGE製1.5MW・XLE発電機を導入した。

第4工期では135基の三菱製1.0MW発電機と、46基のシーメンス・ウィンド・パワー英語版製2.3MW発電機を導入する。発電された電力は20年間の購入契約でサンアントニオCPSエナジー英語版が購入する。[要出典]

第5工期では35基のシーメンス製2.3MW発電機を導入する。

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Top 10 biggest wind farms”. power-tecnorogy.com (2013年9月30日). 2014年5月27日閲覧。