スウィフト020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スウィフト020/021

Swift020 flying in Kobe Merikenpark.jpg

スウィフト020/021[1](Swift020/021)は、スウィフト・エンジニアリング[2]が開発した、大きな翼に4つのプロペラを備えた固定翼型UAS。VTOLタイプのドローン。[3]X-Blade Technology(エックス ブレード テクノロジー)という独自の技術で、垂直での離着陸を可能にしている。4年間の研究開発と2年間の実証実験を繰り返し、100km を超える長距離飛行を可能にしている[4]

スペック(Swift021)[編集]

主要スペック
  • 機体重量:19kg ※機体およびバッテリー
  • 最大重量:20kg ※飛行可能な最大重量
  • サイズ :3.96m x 1.2m x 1.2m
操作限界
  • 動力源  :バッテリー
  • ペイロード:1.0~1.5kg
  • 飛行速度 :37~83km/h
  • 飛行高度 :30~120m(操作高度)
  • 限界高度 :3,000m
  • 通信距離 :40km(通常時)、100km(ブースター使用時)
  • 航続時間 :2時間
  • 航続距離 :120km
  • GCS   :Mobile
  • 動作温度 :0℃~ 45℃
  • 防水性  :25mm/h 以下
  • 操作方法 :完全自律飛行(独自技術Swift autopilotを使用)、もしくは手動操作。
  • 離着陸可能風速:7.7 m/s ※瞬間風速 10m/s
  • 飛行可能風速:18 m/s ※水平飛行時、航続距離2時間を担保する風速
安全対策
  • ハッキング対策(独自技術による乗っ取り操作防止)
  • 自己診断機能(動力部、フラップなどの異常感知など)
  • 障害物回避
  • 緊急着陸機能(独自技術による安全地帯への自動着陸)
活用例
  • 農業:広域な画像収集・専用解析ソフトによる農作物の生産効率向上
  • 救急・防災:天災による被災者や、遭難者やけが人への救急キット輸送
  • 地形測量:高精度カメラと専用ソフトによる測量の高速化
  • 海上調査:海洋上の偵察飛行、航行中の船への自動着陸
  • 災害調査:閉鎖地域の災害状況の即時確認
  • 科学調査:火山等危険地域上空からの情報収集[5]

UAS(Unmanned Aerial System)開発実績[編集]

  • 2002年:“BAT”の開発に成功、2009年にノースロップ・グラマン(Northrop Grumman Corp.)に使用権を売却。
  • 2016年:超高性能VTOL型UAS “Swift 020”を開発し、カリフォルニア州オレンジ郡に対し、サービス提供を行っている。
  • 2019年:バハマの国家安全保障省との間に、55機のドローンの購入および訓練などを含む契約を締結した[6][7]

デモフライト[編集]

神戸市メリケンパーク 2018年7月21日、兵庫県庁、神戸市役所、その他関係者に向けて開催された。人口密集地域でのデモフライトは世界初。主催は神戸市役所、兵庫県庁、スウィフト・エックスアイ(Swift Engineering 子会社)。兵庫県知事-井戸敏三、神戸市長-久元喜造も参加[4][8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]