スイフトギツネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スイフトギツネ
スイフトギツネ
スイフトギツネ Vulpes velox
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イヌ科 Canidae
: キツネ属 Vulpes
: スイフトギツネ V. velox
学名
Vulpes velox (Say, 1823)
和名
スイフトギツネ
英名
Swift fox

スイフトギツネVulpes velox)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)キツネ属に分類される食肉類。

分布[編集]

アメリカ合衆国中部[1][2][3][a 1]

絶滅した分布域[編集]

カナダ[3][a 1]

形態[編集]

体長42.5-53.8センチメートル[2]。尾長22.5-31.3センチメートル[2]。体高30-32センチメートル[2]体重2.3-2.4キログラム[2]。尾の体長に対する比率は52%[2]。指趾の裏は体毛で被われる[2]。四肢や体側面、尾の腹面の毛衣は橙褐色[2]。鼻面の側面に黒い斑紋が入る[2][3]。尾の先端は黒い[1][2][3]

耳介はやや短く、7.5cm以下[2]。瞳孔はやや丸みを帯びる[2]

夏季は毛衣が灰赤色、冬季は毛衣が暗灰褐色[2]

生態[編集]

草原に生息する[2]夜行性で、巣穴などで休む[2][3]。巣穴は巣室とトンネルからなり入口が複数あり、自分で掘るほかにプレーリードッグ属の古巣も利用する[2][3]

食性は雑食で、小型哺乳類、鳥類爬虫類昆虫などを食べるが、オグロジャックウサギも食べる[2][3]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は49-50日[2]。2-4月に1回に3-7頭の幼獣を産む[2][3]。幼獣は生後3か月で自分で採食を行い、オスは生後10か月で独立する[2]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、毛皮目的の狩猟[1]、毒餌によるコヨーテ駆除の巻き添え、交通事故などにより生息数は減少した[3]。カナダでは1980年代から他地域の野生個体を再導入する試みが進められているが、批判もある[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、84頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、133-134頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『絶滅危惧動物百科6 サイ(スマトラサイ)―セジマミソサザイ』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、72-73頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ a b c The IUCN Red List of Threatened Species
    • Moehrenschlager, A., Sovada, M. & Members of the IUCN SSC Canid Specialist Group - North America Regional Section 2008. Vulpes velox. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.1.