スイス緑の党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 スイスの政党
スイス緑の党

Grüne Partei der Schweiz(GPS)
Les verts – Parti écologiste suisse(PES)
I Verdi – Partito ecologista svizzero(PES)
La Verda – Partida ecologica svizra
代表 Adèle Thorens
Regula Rytz
創立 1983年5月28日
本部 スイスの旗 スイス ベルン
党員・党友数  (2011年) 6,500人[1]
政治的思想 みどりの政治
Social progressivism
政治的立場 左翼
国際連携 グローバルグリーンズ
欧州連携 欧州緑の党
公式カラー green
国会(下院)
15 / 200
国会(上院)
2 / 46
カントン議会
189 / 2,559
公式サイト
www.gruene.ch
スイスの政治
政党一覧
選挙

スイス緑の党ドイツ語Grüne Partei der Schweiz, フランス語Les verts - Parti écologiste suisse, イタリア語:I Verdi - Partito ecologista svizzero, ロマンシュ語:La Verda - Partida ecologica svizra)はスイス環境政党。現在国民議会では第5党であるが、連邦参事会に議員を擁していない。

歴史[編集]

1971年ヌーシャテル地域政党として発足。国政レベルでは1979年ダニエル・ブレラッツが緑の党としては初の国民議会議員に選ばれると、国内の各都市で「緑の党」を名乗る組織が続々と誕生する。

こうした中、1983年3月には地方の環境団体を糾合した「スイス緑の党連合」(Federation of Green Parties of Switzerland) が、同年6月には左派団体を中心として「スイス緑の代替党」(Green Alternative Party of Switzerland) という、2つの異なる全国的な組織が結成される。1990年、両組織の統合が試みられるも失敗に終わるものの、後に「スイス緑の代替党」の一部党員が「スイス緑の党連合」に移籍する形で、事実上の結党となった。ただし、緑の党自身は「スイス緑の党連合」が設立された1983年3月28日を結党日としている。1993年に現党名へ改称。

この間、1986年には2名の党員が初めてベルン参事官となったほか、翌1987年には欧州緑の党へ加入する。また、1990年代には党員が市長や最高裁判所裁判官、州大統領に就く例も見られた。

政策[編集]

環境主義公共交通政策を伝統的に重視。外交では平和主義を貫き、経済政策については概ね中道左派である。党員の大多数は欧州連合への加盟を支持。

党勢[編集]

国民議会議員(全200議席)[編集]

  • 1979年 - 1議席
  • 1983年 - 4議席
  • 1987年 - 11議席に議席を増やすとともに議会第5党へ
  • 1991年 - 14議席
  • 1995年 - 9議席
  • 1999年 - 9議席
  • 2003年 - 14議席
  • 2007年 - 20議席

国政レベルでは、2003年の選挙全州議会や連邦参議会に議員を出すことができなかったが、2007年には2名の党員が全州議会議員に当選[2]。また、2007年現在、ベルンヌーシャテルニトヴァルデンヴォーツークの各州などで与党となっており、閣僚を送り出している州もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]