ジーン・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジーン・クラーク
出生名 ハロルド・ユージン・クラーク
生誕
死没
ジャンル
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 1963年 - 1991年
レーベル
共同作業者

ハロルド・ユージーン・クラークHarold Eugene Clark[2], 1944年11月17日 - 1991年5月24日)は、アメリカシンガーソングライター

経歴[編集]

バーズディラード&クラークなどでの活躍をはじめとした、そのシンガーソングライター的な作風と朴訥でありながら哀愁の漂うボーカルで人気を得た。

ニュー・クリスティ・ミンストレルズを経て、1964年ロジャー・マッギンデヴィッド・クロスビーらとともにバーズを結成。「ミスター・タンブリン・マン」(ボブ・ディラン作)、「すっきりしたぜ」(クラーク作)などのヒットにより、スターダムにのし上がるが、1966年にバーズを脱退した。原因は、飛行機恐怖症とも、自作曲の印税によるメンバーとの収入格差のトラブルともいわれる。バーズ初期のオリジナル曲のほとんどは、彼の作品であった。

脱退直後の1967年には「ジーン・クラーク・ウィズ・ゴスディン・ブラザーズ」名義でアルバムをリリース。その後、ディラード&クラークとしての活動やソロ活動などで数多くの佳曲を生み出すも、ヒットチャートからは離れた活動となった。

1991年、心臓疾患のため死去した。死後もさまざまな未発表曲の編集版やトリビュートアルバム『Full Circle』(2000年)がリリースされる。

ディスコグラフィー[編集]

  • Mr. Tambourine Man (1965年) - The Byrds
  • Turn! Turn! Turn! (1965年) - The Byrds
  • Gene Clark With The Gosdin Brothers (1967年) - Gene Clark with Gosdin Brothers
  • The Fantastic Expedition Of Dillard & Clark (1968年) - The Dillard & Clark Expedition
  • Through The Morning, Through The Night (1969年) - Dillard & Clark
  • Gene Clark(White Light) (1971年) - Solo
  • Road Master (1973年) - Solo
  • Byrds (1973年) - The Byrds
  • No Other (1974年) - Solo
  • Two Sides To Every Story (1977年) - Solo
  • McGuinn, Clark & Hillman (1979年) - McGuinn, Clark & Hillman
  • City (1980年) - McGuinn & Hillman
  • Firebyrd (1984年) - Solo
  • So Rebellious A Lover (1987年) - Gene Clark & Carla Olson
  • Silhouette In Light (1992年) - Gene Clark & Carla Olson

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Deming, Mark. Gene Clark Biography, Songs & Albums - オールミュージック. 2022年1月2日閲覧。
  2. ^ Goldsmith, Melissa Ursula Dawn (2019). Listen to Classic Rock! Exploring a Musical Genre. ABC-CLIO. p. 62. ISBN 1-4408-6579-5