ジープニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジープニー
マニラ市内空港近郊

ジープニーまたはジプニー (jeepney) とは、フィリピンの全土でみられる乗合タクシーである。現地では単に「ジープ」と呼ばれる。マルチ・キャブと呼ばれることもあり、少し大きめのトヨタダイナ級のシャシーから派生したハイウェイ・ジープニーという区分もある。車体形状は様々あり、キャブ・オーバー・ザ・エンジンのものも大小存在し、エンジン・アクセスのためのキャブ前傾機構も残されているものがある。

車両概要[編集]

セブ市のジープニー
典型的な自家用ジープニー

フィリピンのジープニーは、多くが小型貨物自動車からの改造で造られることが特徴である。もともとは第二次世界大戦後にフィリピン駐留アメリカ軍払い下げのジープを改造して製作されたのが始まりで、 Jeep と北米で乗合タクシーを意味する アメリカ英語: jitney との合成語として jeepney と呼ばれるようになった。

現在は主に日本製などの2〜4トントラックのエンジンおよびシャーシを利用し、フィリピン製のステンレスボディ、各種各サイズの中古部品を利用して作成される。また、車両のオーナーは各車ごとに独自の派手な塗装やカーアクセサリで外装のデコレーションを競っており、これらの特徴のため1台として同じ車両はないと言っても過言ではない。 日本製パワーユニット、特にオートマチックではない乾燥単板クラッチの手動ギヤシフト社が100%を占めている。 整備状態はきわめて悪く、ホイール・ナットが欠落した車両、折り返しごとに冷却水を補充しなければならない車両、シンクロ機構が摩滅してしまった車両などなど、公的な安全の下支えは皆無である。 運転技量もおしなべて低劣であり、減速チェンジが満足にできないドライバー、パワーステアリングが無いこともあるがUターンに手間取るドライバー、必要以上にブレーキを酷使するドライバーなど、一般的な日本人が教習所で教わったことの正反対のことが現出する世界でもある。 ラジエーターホースの破裂と交換程度は、運転手が路上で修理をするのが普通であるし、完全に滑ってしまったクラッチの路上交換もしばしば見かけられる。

ジープニーはその出自ゆえに必ずボンネット型の車体であり、近年はピックアップトラックが改造種車に選ばれることが多い。フロントグリルは現在もジープスタイルに類するものが好まれている。客室面積を確保するため、ホイールベースは概して長い。客室は、トラックの普通荷台の左右にベンチシートを向かい合わせに設置し、運転席の屋根から一続きに車体後端まで延ばした背の低い屋根が架けられる。鋼板張りの平らな屋根には、しばしば乗客の大量の荷物が積載される。側窓の有無は車両によるが、設けられないことも多い。旅客は後部妻面の開口部から乗降する。16人乗りのものが多いが、大型のものでは30人乗りクラスのもの、小型のものでは軽貨物自動車を改造した10人乗りタイプもある。乗客があふれるような場合は後部にぶら下がる客が出たり、屋根に乗り込んだりすることもある。

フィリピンで空港利用の富裕層(特に外国人)に対し、ジープニーでは空港への乗り入れはできない、あるいは、空港からジープニーで目的地に向かうことはできないという説明がされることがある。これは、タクシーや乗合いバンでは、空港の専用プールへの乗り入れ料金を運賃に加算するということが日常行われており、航空旅行ができるほどの富裕層に高額の運賃を請求することは特段問題とならないという考え方が根底にあるとされる。 この車体形状に対するフィリピン人の思い入れは深く、普通乗用車のシャーシにボディを乗せた自家用ジープニーも大量に存在する。この様なタイプを特に owner-type jeepney という。

メトロ・マニラにおける運行形態[編集]

停留所

メトロ・マニラにおいては幹線をバスが受け持ち、ジープニーはその他のルートを受け持つ形を取っているが、地方においては100kmを越えるようなジープニー路線も存在している。

各ジープニーは決まったルートを往復し、車体にそのルートの出発地・主な経由地・終点が掲示されている。バス停に当たるような停留所もあるが、それ以外の場所でも自由に乗り降りできる。また、かなり細い道にまで網の目のように走っており、何回か乗り継げばほとんどの場所に行くことができる極めて便利な交通機関である。公式な路線図は存在しないが、日本の独立行政法人国際協力機構 (JICA) が政府開発援助 (ODA) で作成したマカティ市の路線図が存在する[1]

時刻表はなく、始発地において、ある程度人が集まり次第発車する。

運賃[編集]

サンフアン市のジープニー

初乗りは8ペソ(2013年11月現在)。運賃は運転手に直接支払うが、満席等で直接手が届かないときは運転席寄りの乗客にお金を渡し、手から手へと運転手までリレーされる。お釣りがある場合には逆のルートできちんと返ってくる。

雇用形態[編集]

ほとんどのジープニーには運転手とは別に車両のオーナーがいる。運転手はオーナーに決まった車両借用料を支払い、客から受け取った運賃は自分の取り分となる。

弊害[編集]

台数が多いため排気ガスによる大気汚染の原因になっている。とりわけ、1990年代後期に日本で定置場所規制(NOx規制)の対象となった小型ディーゼル車は、それ以前のNOx排出軽減策のために黒煙は野放し状態にあった。これらが大量にフィリピンに輸出されたことが、現地排ガス公害の主因である。国産能力を有し、かつ最初からNOx規制を導入しなかった国では起きていない日本発の特異形公害と呼ぶべきであろう。2000年代に入り、メトロ・マニラでは排気ガスの出ない電動ジープニーの試験運行が開始されたという[2]

また、運転手が少しでも稼ぎを増やそうとするために客の争奪戦になりやすく、運転マナーは決して良くない。車線を無視した走行・無理な割り込み・道路の中央で停車するなどの行為が多く見られ、渋滞や事故の原因となっている。

何らかの規制を加えようという動きもあるが、ジープニーに関わる就業人口が多いため容易ではないようである[3]

フィリピン国外でのジープニー[編集]

日本では、大阪府吹田市国立民族学博物館の東南アジアコーナーに常設展示されている。また、福岡市東区の貝塚公園や愛知県犬山市リトルワールドにも保存展示されている。

ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がフィリピンを訪問した際、ジープニーを持ち帰ったという記事が日本の自動車雑誌に掲載されたことがあったが、真偽のほどは不明。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]