ジーグフェルド・フォリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1912年の広告
『the Ziegfeld Midnight Frolic』のためのベン・アリ・ハギンの活人画(1921年)

ジーグフェルド・フォリーズZiegfeld Follies)は、1907年から1931年1934年から1936年にかけてニューヨークブロードウェイで上演されていたレヴューのこと。1932年から1936年までラジオ版の『The Ziegfeld Follies of the Air』もオンエアされていた。

歴史[編集]

パリフォリー・ベルジェールにインスパイアされてフローレンツ・ジーグフェルド・ジュニアがはじめた。伝えられるところでは、当時の彼の当時の妻で舞台女優・歌手のアナ・ヘルド英語版が提案したという。プロデューサーはクロウ&アーランガー。

初公演は1907年、場所はジャルダン・ドゥ・パリ[1]

出演者の中には、W・C・フィールズ英語版エディ・カンタージョセフィン・ベーカーファニー・ブライスアン・ペニントン英語版バート・ウィリアムズ英語版エヴァ・タンギー英語版ボブ・ホープウィル・ロジャースルース・エッティングレイ・ボルジャーヘレン・モーガンルイーズ・ブルックスマリリン・ミラー英語版エド・ウィンギルダ・グレイ英語版ノラ・ベイズ英語版ソフィー・タッカー英語版などがいた。

ジーグフェルド・フォリーズでとくに有名なのが「ジーグフェルド・ガール」として知られる美しいコーラスガールたちである。エルテルーシー・ダフ=ゴードン、ベン・アリ・ハギンらが彼女たちの衣装デザインを手掛けた。アリ・ハギンは1917年から1925年にかけて彼女たちをモデルにした活人画を製作した。他にはジョセフ・アーバンが1915年から舞台背景絵師として参加した[2]

1931年、ジーグフェルドが死去したことでジーグフェルド・フォリーズは幕を閉じたが、1934年、彼の未亡人で女優のビリー・バークがフォリーズのプロデューサーをしていたジェイク・シューバートともに再開、1936年まで続けた[3]1934年の公演の全内容を録音した78回転レコードがあり、1997年にCDとして復刻された[4]

映画化[編集]


ジーグフェルド・ガールズ[編集]

出典[編集]

  1. ^ "Follies of 1907"The New York Times, July 9, 1907
  2. ^ Green, Stanley."Ziegfeld"Encyclopedia of the Musical Theatre (1980), Da Capo Press, ISBN 0-306-80113-2, pp.462-465
  3. ^ Bloom, Ken."Winter Garden Theatre" The Routledge Guide to Broadway (2007), CRC Press, ISBN 0-415-97380-5, p. 273
  4. ^ The Nineteen Thirty-Four Edition Of Ziegfeld Follies: A Live, In-Performance Recording ASIN B000000N67

外部リンク[編集]