ジークフリート (メルゼブルク伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジークフリート
Siegfried
メルゼブルク伯
在位 934年 - 937年

死去 937年7月10日
配偶者 イルミンブルク・フォン・ザクセン
  ユッタ
父親 北チューリングガウ伯ティートマール
母親 ヒルデガルト
テンプレートを表示

メルゼブルク伯ジークフリート(Siegfried von Merseburg, ? - 937年7月10日)は、メルゼブルク伯(在位:934年 - 937年)。

生涯[編集]

ジークフリートは北チューリングガウ伯ティートマールの子である。936年にザクセン公領の代理統治者とされた。皇帝オットー1世は自身の戴冠式の間、弟ハインリヒ1世をジークフリートの保護監督下に置いた[1]。コルヴァイのヴィドゥキントによると、この時ジークフリートは「国王に次ぐ者」であったという[2]

ジークフリートが死去した後、その領地はオットー1世の異母兄タンクマール[3]と、オットー1世に任命されたジークフリートの弟ゲロとの間で争われ[4]、ゲロが継承した。

ジークフリートは最初に東フランク王ハインリヒ1世の姉妹または娘のイルミンブルクと結婚していたとみられる[5][6]。二度目にユッタと結婚した。

脚注[編集]

  1. ^ Bernhardt, p. 6
  2. ^ コルヴァイのヴィドゥキント、p. 107
  3. ^ タンクマールの母ハーテブルクはジークフリートの母方の従姉妹であったが(母親同士が姉妹、コルヴァイのヴィドゥキント、p. 295)、メルゼブルク伯エルヴィンの娘であり、タンクマールはもともと母方の所領であったメルゼブルクの継承を主張した(Bernhardt, p. 18)。
  4. ^ Bernhardt, p. 18
  5. ^ コルヴァイのヴィドゥキント、p. 117
  6. ^ Eckhardt, p. 18

参考文献[編集]

  • John W. Bernhardt, Itinerant Kingship and Royal Monasteries in Early Medieval Germany, c. 936–1075. Cambridge: Cambridge University Press, 1993.
  • Timothy Reuter, Germany in the Early Middle Ages 800–1056. New York: Longman, 1991.
  • Karl August Eckhardt, Genealogische Funde zur allgemeinen Geschichte. Witzenhausen: Deutschrechtl. Instituts-Verl., Witzenhausen, 1962.
  • コルヴァイのヴィドゥキント、三佐川亮宏 訳 『ザクセン人の事績』 知泉書館、2017年