ジ・アナトミー・オブ・ザ・タン・イン・チーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
The Anatomy of the Tongue in Cheek
リライアントKスタジオ・アルバム
リリース
録音 Yellow Studios
ジャンル クリスチャン・ロック
ポップ・パンク
時間
レーベル Gotee Records アメリカ合衆国の旗
プロデュース マルク・リー・タウンゼント
専門評論家によるレビュー
ゴールドディスク
  • アメリカ合衆国の旗 500,000枚ゴールド2006年6月26日
  • リライアントK 年表
    The Creepy EP
    (2000)
    The Anatomy of the Tongue in Cheek
    (2000)
    Employee of the Month EP
    (2001)
    テンプレートを表示

    ジ・アナトミー・オブ・ザ・タン・イン・チークThe Anatomy of the Tongue in Cheek)は、アメリカ合衆国のクリスチャン・ロックリライアントKによる2001年のアルバム。アメリカ合衆国では2001年の9月28日

    収録曲(アメリカ)[編集]

    1. "Kick-Off" – 0:39
    2. "Pressing On" – 3:29
    3. "Sadie Hawkins Dance" – 2:57
    4. "Down In Flames" – 4:07
    5. "Maybe It's Maybeline" – 3:14
    6. "Breakdown" – 3:45
    7. "Those Words Are Not Enough" – 4:39
    8. "For The Moments I Feel Faint" – 3:47
    9. "Lion Wilson" – 0:35
    10. "I'm Lion-O" – 2:55
    11. "What Have You Been Doing Lately?" – 3:23
    12. "May The Horse Be With You" – 2:17
    13. "My Way Or The Highway...." – 3:47
    14. "Breakfast At Timpani's" – 0:22
    15. "The Rest Is Up To You" – 4:04
    16. "Failure To Excommunicate" – 3:35
    17. "Less Is More" – 7:17

    脚注[編集]