ジラピオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dillapiole
Skeletal formula
Ball-and-stick model{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 484-31-1 [要出典] チェック
PubChem 10231
ChemSpider 9814 チェック
KEGG C10449 チェック
ChEMBL CHEMBL470874 チェック
特性
化学式 C12H14O4
モル質量 222.24 g/mol
密度 1.163 g/cm3
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジラピオール(Dillapiole)は、イノンドから抽出される化合物、精油であるが、フェンネルの根等の様々な植物で広く見られる[1]。この化合物は、アピオールと密接に関連した化合物であり、ベンゼン環におけるメトキシ基の位置が異なる[2][3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Azeez, Shamina (2008). Chemistry of Spices. Calicut, Kerala, India: Biddles Ltd.. pp. 227-241 [230]. ISBN 9781845934057. http://books.google.com/books?id=5WY08iuJyawC&printsec=frontcover&dq=Chemistry+of+Spices&hl=en. 
  2. ^ Santos, P. A. G.; Figueiredo, A. C.; Lourenço, P. M. L.; Barroso, J. G.; Pedro, L. G.; Oliveira, M. M.; Schripsema, J.; Deans, S. G. et al. (2002). “Hairy root cultures of Anethum graveolens (Dill): Establishment, growth, time-course study of their essential oil and its comparison with parent plant oils” (pdf). Biotechnology Letters 24 (12): 1031–1036. doi:10.1023/A:1015653701265. http://www.springerlink.com/content/u3y9g5h4mlmrqh7c/fulltext.pdf.  編集
  3. ^ Shulgin, A. T.; Sargent, T. (1967). “Psychotrophic phenylisopropylamines derived from apiole and dillapiole”. Nature 215 (5109): 1494–1495. doi:10.1038/2151494b0. PMID 4861200. http://www.erowid.org/archive/rhodium/chemistry/dmmda.shulgin.html.  編集