ジョー・マーサー (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョセフ・マーサーJoseph Mercer1934年10月21日 - )は、引退したイギリスサラブレッド競走騎手である。1947年から1985年まで騎手として活躍し、合計 2,810 の勝鞍を挙げた。この数字はマーサーの引退時にはサー・ゴードン・リチャーズ Gordon Richards 、レスター・ピゴット Lester Piggott およびダグ・スミス Doug Smith が上回っただけで、その後凌いだのもパット・エデリー Pat Eddery とウィリー・カーソン Willie Carson だけである[1]

フレデリック・スニード Frederick Sneyd 調教師の見習い騎手となり、1953年まだ見習い期間中に英国クラシックレース初勝利をアンビギュイティ Ambiguity のエプソムオークスで挙げた。また1952年1953年の二度、英国の平地競走見習い騎手チャンピオンとなっている。

その後ジャック・コラン Jack Colling 、ディック・ハーン Dick Hern 、ヘンリー・セシル Henry Cecil およびピーター・ウォールウィン Peter Walwyn と専属契約を結び、セシル厩舎での期間中の1979年には、唯一となる英国の平地競走チャンピオンジョッキーのタイトルを獲得した。マーサーの騎乗キャリアで最も成功した馬は1970 - 1972年に18戦17勝したブリガディアジェラード Brigadier Gerard だった。1985年11月、騎手として最後の騎乗となるボールドレックス Bold Rex のノヴェンバーハンデキャップを勝利で飾り引退した。

騎手を引退したジョー・マーサーは、最初にブレント・トムソン Brent Thomson とトニー・マクグロン Tony McGlone の騎手エージェントとして働き、1987年にはマクトゥーム・ビン=ラーシド・アール=マクトゥーム Maktoum bin Rashid Al Maktoum ( مكتوم بن راشد آل مكتوم )のゲインズバラのレーシングマネージャーの仕事を引き受けた。2006年1月に引退。

ジョー・マーサーの兄弟のマニー・マーサー Manny Mercer も騎手で(1959年レース事故で死亡)、姪のキャロリン Carolyn はパット・エデリー Pat Eddery と結婚している。

主な騎乗馬[編集]

(騎乗時の主な勝鞍)

イギリスクラシック勝鞍[編集]

  • 1000ギニー - (2) - Highclere (1974), One in a Million (1979)
  • 2000ギニー - (1) - Brigadier Gerard (1971)
  • オークス - (1) - Ambiguity (1953)
  • セントレジャー - (4) - Provoke (1965), Bustino (1974), Light Cavalry (1980), Cut Above (1981)

参考文献[編集]

  • Wright, Howard (1986). The Encyclopedia of Flat Racing. Robert Hale. pp. p181. ISBN 0709026390.