ジョー・クロフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョー・クロフォード
Joe Crawford
ミルウォーキー・ブルワーズ コーチ #56
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ゲインズビル
生年月日 (1970-05-02) 1970年5月2日(47歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 MLBドラフト 17巡目
初出場 MLB / 1997年4月7日
NPB / 1998年4月5日
最終出場 MLB / 1997年9月27日
NPB / 1999年5月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョゼフ・ランダル・クロフォードJoseph Randal Crawford1970年5月2日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ゲインズビル出身の元野球選手投手)。現在はMLBミルウォーキー・ブルワーズのアシスタントコーチを務める。

経歴[編集]

1994年8月から1995年4月にかけてMLB史上最長のストライキが実施された影響で、1995年のスプリングトレーニングにはオーナー側の命令で代替選手として参加。そのため、スト破りを行った報復措置としてメジャー昇格後も選手会への加入を認められなかった。

1998年に来日し千葉ロッテマリーンズへ入団。背番号は同じ左腕のエリック・ヒルマンが着用していた42が与えられて「ヒルマン二世」と期待され[1]、序盤から先発ローテーション入りし、4月の防御率は1.69。白星を重ねていったが、6月9日に4勝目を記録して以後は、全く勝てなくなり、チームもプロ野球新記録となる18連敗を記録。7月5日の試合を最後に2軍落ちとなった。真面目な性格が評価され、翌年もチームに残ったが4試合投げて1勝と振るわず、5月中旬に二軍行きとなり同年限りで退団した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 NYM 19 2 0 0 0 4 3 0 -- .571 182 46.1 36 7 13 1 0 25 0 1 18 17 3.30 1.06
1998 ロッテ 15 13 2 0 0 4 6 0 -- .400 358 77.1 85 6 51 1 2 37 2 3 48 41 4.77 1.76
1999 4 4 0 0 0 1 1 0 -- .500 87 18.2 19 5 14 0 3 5 1 1 13 13 6.27 1.77
MLB:1年 19 2 0 0 0 4 3 0 -- .571 182 46.1 36 7 13 1 0 25 0 1 18 17 3.30 1.06
NPB:2年 19 17 2 0 0 5 7 0 -- .417 445 95.3 104 11 65 1 5 42 3 4 61 54 5.06 1.76

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 49 (1997年)
  • 42 (1998年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 1998年日刊スポーツ発行プロ野球選手写真名鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]