ジョーン・オブ・ナヴァール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャンヌ・ド・ナヴァール
ジョーン・オブ・ナヴァール
Jeanne de Navarre
Joan of Navarre
ブルターニュ公妃
イングランド王妃
Jeanne detail 3.jpg
ブルターニュ公未亡人ジャンヌと次男のアルテュール・ド・リッシュモン、アンリエット・ロリミエ(Henriette Lorimier)画、1806年
出生 1370年?
パンプローナ
死去 1437年6月10日
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン、ヘイヴァーリング=アット=バウワー
埋葬  
イングランド王国の旗 イングランド王国カンタベリー大聖堂
配偶者 ブルターニュジャン4世
  イングランドヘンリー4世
子女 一覧参照
父親 ナバラカルロス(シャルル)2世
母親 ジャンヌ・ド・ヴァロワ
テンプレートを表示

ジョーン・オブ・ナヴァールJoan of Navarre, 1370年? - 1437年6月10日)は、イングランド国王ヘンリー4世の王妃。ナバラ国王カルロス(シャルル)2世と王妃フアナ(ジャンヌ、フランスジャン2世の娘)の娘。兄はカルロス(シャルル)3世、モルタン伯ピエールフランス語ジャンヌ・ド・ナヴァールJeanne de Navarre)。

生涯[編集]

ジョーンは最初1386年ブルターニュジャン4世と結婚、9人の子女をもうけたが、1398年にヘンリー・オブ・ボリングブルック(後のヘンリー4世)がリチャード2世により追放され、ブルターニュに居を構えた時、当時公爵夫人だった彼女を見そめたという[1][2][3]

1399年にボリングブルックはリチャード2世を廃位して国王ヘンリー4世に即位、同年にジャン4世が死去、未亡人となったジョーンは長男ジャン5世の摂政を務めていたが、3年後の1402年4月に代理人を通したヘンリー4世との再婚に応じた。1394年に最初の妻メアリー・ド・ブーンを亡くしたヘンリー4世は再婚を通してブルターニュの支配を目論んでいたが、ブルターニュから再婚に抗議が上がると、ジョーンは摂政の放棄を余儀無くされ、子供達も後見人のオリヴィエ・ド・クリッソンがブルターニュに留め置く方針に決めたため、ヘンリー4世の当ては外れた[4]

1403年、亡夫との間に出来た子供らをブルターニュに残し、イングランドへ行き2月にウィンチェスター大聖堂で正式にヘンリー4世と再婚したが、彼との間に子は出来なかった[1]。しかし夫婦仲は良く、ヘンリー4世はジョーンへの歳出を増やし、ジョーンも王と先妻の子供達へ愛情を注いでいたという[3]

1413年のヘンリー4世の没後、ジョーンの処遇は変わらず厚遇され、継子ヘンリー5世からは寡婦年金を支給され、実母同然に慕われていた。しかし1415年百年戦争が再開されると、アジャンクールの戦いでフランス軍がイングランド軍に大敗、フランス側で参戦していた娘マリーの夫アランソン公ジャン1世が戦死、次男のアルテュール(後のアルテュール3世)が捕虜になりイングランドへ送還される不幸にも遭遇している[5]

1419年になるとジョーンの処遇も大きく異なり、ヘンリー5世の弟・ベッドフォード公ジョンの命令により、妖術に凝って王の殺害を謀ったとして逮捕、財産を没収されイングランド南部ペヴンジーに幽閉された。後にヘンリー5世により釈放され、義理の孫ヘンリー6世も財産を返却したため、かつてと同じ待遇を取り戻して余生を送った。1437年に亡くなると、カンタベリー大聖堂に眠る夫のそばに埋葬された[1][6]

子女[編集]

最初の夫ジャン4世との間に9人の子女をもうけた。

  • ジャンヌ(1387年 - 1388年)
  • 次女(名前不明、1388年)
  • ジャン5世(1389年 - 1442年) - ブルターニュ公
  • マリー(1391年 - 1446年) - 1398年、アランソン公ジャン1世と結婚
  • マルグリット(1392年 - 1428年) - 1407年、ロアン子爵アラン9世と結婚
  • アルテュール3世(1393年 - 1458年) - ブルターニュ公
  • ジル(1394年 - 1412年) - シャントセ領主
  • リシャール(1394年 - 1438年) - エタンプ伯
  • ブランシュ(1397年 - 1416年頃) - 1407年、アルマニャック伯ジャン4世と結婚

脚注[編集]

  1. ^ a b c 森、P198。
  2. ^ エチュヴェリー、P61。
  3. ^ a b 石井、P246。
  4. ^ エチュヴェリー、P61 - P62、ロイル、P100。
  5. ^ エチュヴェリー、P96 - P97、石井、P246 - P247。
  6. ^ エチュヴェリー、P230、清水、P49、石井、P247 - P248。

参考文献[編集]