ジョーン・オブ・ケント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョーン・オブ・ケント

ジョーン・オブ・ケント英語: Joan of Kent, 1328年9月29日 - 1385年8月7日)は、イングランドエドワード黒太子の妃で最初のプリンセス・オブ・ウェールズ。フェア・メイド・オブ・ケント(The Fair Maid of Kent, ケントの美女)と呼ばれた。エドワード2世の異母弟である初代ケント伯エドマンド・オブ・ウッドストックと妻マーガレット・ウェイクの娘。3度結婚しており、エドワード黒太子は最後の夫である。

生涯[編集]

1340年にトマス・ホランド(1314年頃 - 1360年)と最初の結婚をしたが、この結婚は秘密結婚であり、間もなく家族によって第2代ソールズベリー伯ウィリアム・モンタキュート(1328年 - 1397年)と結婚させられている。しかし、1349年ローマ教皇クレメンス6世により、ジョーンはソールズベリー伯との結婚の無効、およびトマス・ホランドの結婚の有効が認められた。1352年にジョーンの弟である第3代ケント伯ジョン(1330年 - 1352年)の死によりジョーンは夫トマス・ホランドと共にケント伯を継承した[1][2]

2人の間に生まれた子供は4人が知られている。

1360年にトマス・ホランドと死別した後、翌1361年にエドワード黒太子と再婚した。ジョーンは黒太子の父エドワード3世の従妹に当たる。黒太子との間には2男をもうけた[3][1][2]

  • エドワード・オブ・アングレーム(1365年 - 1372年)
  • リチャード2世(1367年 - 1400年) - イングランド王

1376年に黒太子が死去、1377年にリチャード2世が即位した。ジョーンは幼少のリチャード2世を手元に置いて育て上げ、1385年に56歳で亡くなるまで彼の人格形成に大きな影響を与えた[4]。トマス・ホランドとの間に生まれた息子達はリチャード2世に重用され、1397年に次男ジョンはエクセター公、孫のトマス・ホランドはサリー公に叙爵されたが、1399年にリチャード2世が廃位されヘンリー4世が即位すると冷遇され、1400年に両者は謀反に失敗してソールズベリー伯ジョン・モンタキュート(ジョーンの2番目の夫ウィリアム・モンタキュートの甥)、元グロスター伯トマス・ル・ディスペンサーと共に処刑された[5]

ジョーンにはガーター勲章にまつわる伝説がある。百年戦争における1347年カレー包囲戦で勝利、カレーを占領したイングランド軍が開いた舞踏会で、ジョーンがダンス中にガーターを落とし、それを拾い上げたエドワード3世が自分の左足にはめてジョーンをフォローしたことがガーター勲章誕生のきっかけとされている。史実とは認められていないが、騎士道精神を示す逸話として語り継がれている。なお、ガーター騎士団は王族限定ながら創設当初から女性の受爵を認めている[6][1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 森(1994年)、P197。
  2. ^ a b c 松村、P377。
  3. ^ 森(1986年)、P143、P158。
  4. ^ ロイル、P36 - P37、P46 - P47。
  5. ^ 森(1986年)、P187、ロイル、P75 - P76、P83、P91、P424。
  6. ^ 森(1986年)、P152 - P153。

参考文献[編集]