ジョーダン・パチェコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョーダン・パチェコ
Jordan Pacheco
ミネソタ・ツインズ (マイナー)
Jordan Pacheco on March 14, 2012.jpg
ロッキーズ時代(2012年3月14日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューメキシコ州アルバカーキ
生年月日 (1986-01-30) 1986年1月30日(32歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手三塁手一塁手二塁手
プロ入り 2007年 ドラフト9巡目(全体282位)でコロラド・ロッキーズから指名
初出場 2011年9月6日
年俸 $800,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョーダン・パトリック・パチェコJordan Patrick Pacheco, 1986年1月30日 - )は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州アルバカーキ出身のプロ野球選手捕手内野手)。右投右打。MLBミネソタ・ツインズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとロッキーズ時代[編集]

2007年MLBドラフト9巡目(全体282位)でコロラド・ロッキーズから指名され、プロ入り。当初は内野手としてプレーしたが、プロ2年目の2008年から捕手に転向した[2]

2011年9月6日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビューを果たした。昇格後は再び内野手に戻り、三番手捕手も兼ねるユーティリティー的な位置付けになった[3]

2012年三塁手として82試合、一塁手として43試合、捕手として5試合に出場[4]。最終戦で4打席に立って505打席とし、規定打席(502)をクリア。打率.309はリーグ5位に入った。

2014年3月9日にロッキーズと1年契約に合意し、開幕ロースター入りした。開幕後はウィリン・ロザリオのバックアップとして22試合に出場し、打率.236だったが、6月4日DFAとなった[5]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2014年6月12日ウェイバー公示を経てダイヤモンドバックスへ移籍した[6]。移籍後は代打として8試合に出場していたが、6月25日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りした[7]。オフの11月17日FAとなったが、12月27日にマイナー契約で残留した。

2015年は開幕ロースター入りして控え捕手や右の代打として29試合に出場していたが、6月6日にDFAとなった[8]。11日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級リノ・エーシズへ配属された。10月5日にFAとなった[9]

レッズ時代[編集]

2016年1月15日シンシナティ・レッズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加した[10]4月3日にメジャー契約を結んで昇格した[9]6月21日に40人枠を外れる形でAAA級ルイビル・バッツへ配属され、翌22日に自由契約となった[9]

ブレーブス傘下時代[編集]

2016年6月24日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結び、翌25日に傘下のAAA級グウィネット・ブレーブスへ配属された[9]。オフの11月7日にFAとなった[9]

独立リーグ時代[編集]

2017年5月26日独立リーグアトランティックリーグロングアイランド・ダックスと契約した[11]

ツインズ傘下時代[編集]

2018年1月8日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 COL 21 88 84 5 24 1 0 2 31 14 0 0 0 0 3 0 1 9 2 .286 .318 .369 .687
2012 132 505 475 51 147 32 3 5 200 54 7 2 1 4 22 2 3 61 13 .309 .341 .421 .762
2013 95 262 247 23 59 15 0 1 77 22 0 0 1 1 10 0 3 38 4 .239 .276 .312 .588
MLB:3年 248 855 806 79 230 48 3 8 308 90 7 2 2 5 35 2 7 108 19 .285 .319 .382 .701
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 58(2011年、2014年 - 同年途中)
  • 22(2012年)
  • 15(2013年、2016年)
  • 31(2014年途中 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Jordan Pacheco Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). Spotrac. 2018年1月9日閲覧。
  2. ^ Pacheco makes second career start at catcher”. MLB.com (2012年7月22日). 2018年1月9日閲覧。
  3. ^ Triple-A catcher Jordan Pacheco could have utility role with Colorado Rockies next year at first, third”. The Denver Post. 2013年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月1日閲覧。
  4. ^ Jordan Pacheco Minor League Statistics & History”. Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC.. 2016年4月1日閲覧。
  5. ^ Thomas Harding (2014年6月4日). “Rockies place CarGo on DL with finger injury” (英語). MLB.com. 2018年1月9日閲覧。
  6. ^ Mike Vernon (2014年6月12日). “D-backs pick up infielder Pacheco, designate Evans” (英語). MLB.com. 2018年1月9日閲覧。
  7. ^ “D-backs place Pacheco on 15-day disabled list and recall Spruill from Triple-A Reno” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Arizona Diamondbacks), (2014年6月25日), http://m.dbacks.mlb.com/news/article/81603138 2016年4月1日閲覧。 
  8. ^ “D-backs activate 3B Lamb, designate C Pacheco for assignment”. Associated Press. ESPN. (2015年6月6日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=13026198 2015年9月11日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f MLB公式プロフィール参照。2018年1月8日閲覧。
  10. ^ Mark Sheldon (2016年1月15日). “Reds give Pacheco Minors deal, camp invite” (英語). MLB.com. 2018年1月8日閲覧。
  11. ^ MLB VETERAN JORDAN PACHECO SIGNS WITH DUCKS” (英語). liducks.com (2017年5月26日). 2017年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]