ジョージ・ベローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョージ・ベロウズから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・ベローズ
George Bellows
George bellows.jpg
生誕 1882年8月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,コロンバス
死没 1925年1月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,ニューヨーク
運動・動向 アシュカン派

ジョージ・ウェスリー・ベローズ(George Wesley Bellows、1882年8月12日 - 1925年1月8日)はアメリカ合衆国の画家である。都会の下町や労働者階級の人々の生活を写実的に描く「アシュカン派」の画家の一人である。

略歴[編集]

オハイオ州コロンバスの建築家、建築業者の息子に生まれた。1901年からオハイオ州立大学で英文学を学び、バスケットボールや野球の選手になった。アマチュア画家から絵を習い、大学の年鑑に自分の作品が載せられたのに自信を得て、卒業を待たず、画家になるために1904年にニューヨークに出た。ニューヨークではニューヨーク美術学校(後のパーソンズ美術大学)でウィリアム・メリット・チェイスに学び、美術学校で教えていたロバート・ヘンライ(1865-1929)と知り合い、ヘンライはベローズの生涯に渡る教師で友人となった。ヘンラインとは後にメイン州のモンヒガン島(Monhegan)で共に海岸風景を描いている[1]。ヘンライは1908年に、保守的なナショナル・アカデミー・オブ・デザインの展覧会に対抗し、モーリス・プレンダーガストらと「8人展(The Eight)」を開き、「アシュカン派」と呼ばれる美術家グループの先駆者となるが、ベローズも「アシュカン派」の代表的画家となった。風景画やスポーツなどを題材にした他、1910年に美術学校の学生と結婚して2人の娘ができた後は、家族を題材にした人物画も描いた[2]

1913年にアメリカにヨーロッパの新しい美術を紹介した、アーモリーショーの開催に協力し、出展もした。1916年にナショナル・アカデミー・オブ・デザインの会員に選ばれた。1911年からアート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークで教えた。

42歳で虫垂炎の手術後に腹膜炎を起こし亡くなった。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ David Bernard Dearinger: Paintings and Sculpture in the Collection of the National Academy of Design, Vol. 1, Hudson Hills, 2004 ISBN 978-1-55595-029-3.
  2. ^ Henry Adams: George Bellows Biography. Thomas French Fine Art / George Bellows Family Trust.

参考文献[編集]

  • Claudia Meifert: Bellows, George Wesley. In: Allgemeines Künstlerlexikon (AKL). Die Bildenden Künstler aller Zeiten und Völker. Saur, München und Leipzig 1991ff., ISBN 3-598-22740-X.
  • Stephan Koja: America. Die Neue Welt in Bildern des 19. Jahrhunderts. Prestel-Verlag 1999; S. 180–181 und S. 252–253. ISBN 3-7913-2051-3.
  • Marianne Doezema: Bellows, George Wesley. American National Biography online.