ジョージ・パッカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジョージ・R・パッカード3世(George R. Packard 3rd, 1932年5月27日 - )はアメリカ合衆国の政治学者、米日財団理事長。

ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)学院長、国際大学学長を歴任した。

略歴・人物[編集]

1954年プリンストン大学を優等(magna cum laude)で卒業、東京大学への留学を経て、1959年タフツ大学フレッチャー法律外交大学院修了。1963年、60年安保闘争についての研究で同大学院より博士号を取得。

エドウィン・ライシャワー駐日アメリカ合衆国大使の特別補佐官、ジャーナリストなどを経て、1979年よりジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)学院長を務める。在任時はライシャワー東アジア研究センターを開設し、初代センター長に就任した。2002年には国際文化会館でライシャワー批判の講演を行なっている[1]。1998年に、日米関係事業に助成を行なう米日財団の理事長就任。

2007年、日米友好親善への貢献により、旭日重光章を受章。

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • Protest in Tokyo: the Security Treaty Crisis of 1960, (Princeton University Press, 1966).
  • 『アメリカは何を考えているのか』(伊藤茂幸訳, 講談社, 1992年)
  • 『ライシャワーの昭和史』(森山尚美訳, 講談社, 2009年)

共著[編集]

  • 大森実)『日米衝突への道』(講談社, 1990年)

共編著[編集]

  • Japan and the United States in Asia, co-edited with Robert E. Osgood and John H. Badgley, (Johns Hopkins University Press, 1968).
  • The Common security interests of Japan, the United States, and NATO, co-edited with U. Alexis Johnson, (Ballinger, 1981).
  • China Policy for the Next Decade: Report of the Atlantic Council's Committee on China Policy, co-edited with U. Alexis Johnson and Alfred D. Wilhelm, Jr, (Oelgeschlager, Gunn & Hain, 1984).

外部リンク[編集]

脚注[編集]