ジョージ・ハバシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・ハバシュ

ジョージ・ハバシュ: جورج حبش‎, : George Habash, 1926年8月2日 - 2008年1月26日 )はパレスチナ解放人民戦線指導者、医学博士

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

ロッドギリシャ正教の一家に生まれた。一家は第一次中東戦争の何らかの結果「難民」となる。ハバシュはベイルート・アメリカン大学で医学生となり、1950年代からパレスチナ解放運動に共鳴するようになる。

PFLP[編集]

マルクス・レーニン主義の革命理論を盾に、1967年パレスチナ解放組織「パレスチナ解放人民戦線(PFLP)」を結成。イスラエルによるヨルダン川西岸ガザの行政[1]が始まる以前の1960年代から1970年代にかけ、日本赤軍バーダー・マインホフ・グループカルロスなどと協力し多くのハイジャックテロを煽動、指揮した。

晩年[編集]

2000年5月にPFLP議長を引退し、シリアダマスカスに居住していたが、2008年1月26日に亡命先のヨルダン首都アンマンにて心不全で死去、81歳。

脚註[編集]

  1. ^ (ユダヤ人社会・イスラエルでは「管理」「管理地区」「行政地区」「ヒトナハルート」、アラブ諸国では「(イスラエル全域を指して)占領」「占領地」「不法占拠」「(不法な)入植(地)」と表現する)

関連項目[編集]