ジョージ・ニコルソン (園芸家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・ニコルソン

ジョージ・ニコルソン(George Nicholson、 1847年12月7日 - 1908年12月20日)はイギリスの園芸家である。キューガーデンで働いた。園芸事典"Illustrated Dictionary of Gardening"(1884 -1888)の編者として知られる。

略歴[編集]

ヨークシャー・アンド・ザ・ハンバーのSharowで生まれた。父親は園芸商である。シェフィールドの園芸商、Fisher & Holmesで働いた後、パリに渡り、園芸商 La Muetteで働いた。1873年からキューガーデンで働き始め、1886年に先任のジョン・スミスの後をついで、庭園の学芸員となり、健康の問題で1901年に引退するまでキューガーデンで働いた。1875年に"Journal of Botany" に“The wild flora of Kew Gardens and Pleasure grounds”という記事を執筆した他、"The Garden"にも、樹木や草本の記事を執筆した。1884年から出版が始められた園芸事典" Illustrated Dictionary of Gardening"は、すぐに園芸分野の事典として高い評価を受け、フランス語にも翻訳された。王立園芸協会の園芸事典"Dictionary of Gardening"もニコルソンの事典がもとになっており、レイアウトなどが踏襲されている[1]

カシやカエデなどの樹木のオーソリティで1893年のシカゴ万国博覧会の園芸部門の審査員も務めた。アーノルド樹木園やその他のアメリカ合衆国の植物園を視察し、1894年にキューガーデン紀要に"Horticulture and Arboriculture in the United States"を発表した。

事典の表紙
事典のページ

1898年にロンドン・リンネ協会のフェローに選ばれ、1897年にイギリスの王立園芸協会からヴィクトリア名誉メダル (Victoria Medal of Honour) を受賞した。ニコルソンの集めたイギリスの植物の標本はアバディーン大学のトレイル(James William Helenus Trail)のもとに残され、トレイルの標本とともに保存されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The Royal Horticultural Society Dictionary of Gardening

参考文献[編集]

  • Boulger, George Simonds (1912). "Nicholson, George". In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography, 1912 supplement. London: Smith, Elder & Co.
  • G. S. Boulger, rev. Ray Desmond. "Nicholson, George (1847–1908)". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/35228 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)