ジョージ・グラントハム・ベイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・グラントハム・ベイン(1910-15年頃)

ジョージ・グラントハム・ベインGeorge Grantham Bain1865年1月7日 - 1944年4月20日)は、アメリカ合衆国の写真家。米国では「海外写真報道の父」"the father of foreign photographic news" として知られている[1]

生涯[編集]

1865年1月7日イリノイ州シカゴにおいて、ジョージ・ベイン(George Bain)とクララ・メイザー(Clara Mather)の子として生まれた。その後家族はシカゴからミズーリ州セントルイスに引っ越し、ベインはセントルイス大学の学部で化学を学び、のちに同大学から法学士の学位 (Law degreeを取得している[1]

卒業後、ベインはセントルイス・グローブ・デモクラット紙 (St. Louis Globe-Democratの記者となった。翌年、彼はセントルイス・ポスト・ディスパッチ紙 (St. Louis Post-Dispatchに移籍、ワシントンD.C.特派員となった[1]。彼はユナイテッド・プレス社(UPI通信社の前身の一つ)のために働いたのち、1898年にベイン・ニュース・サービス社(Bain News Service)を起こした[1]

1944年4月20日、ニューヨークマンハッタンのベルビュー病院 (Bellevue Hospitalにおいて、79歳で死去した[1]

ベイン・コレクション[編集]

アメリカ議会図書館版画・写真部門(Prints and Photographs Division)のジョージ・グラントハム・ベイン・コレクション(The George Grantham Bain Collection)は、およそ4万枚のガラス乾板と5万枚の写真からなる[2]。そのほとんどはスキャンされ、オンラインでの利用が可能である。大部分は1900年から1920年代半ばに撮影されたものであるが、古いものは1860年代までさかのぼり、新しいものは1930年代まで下る。

ベインによる画像の大部分はニューヨーク市での出来事を扱ったものであるが、彼はまたニュースを配信する目的で世界じゅうの出来事を写真にした。 図書館は「ベインの写真ファイルは、地元のスポーツイベント、演劇、有名人、犯罪、ストライキ、災害、女性参政権運動を含む政治活動、大会、祝賀行事などを豊富に記録している」と記している[2]

コレクションに含まれる写真には、著作権上の制限はないが[3]、何枚かの重要な画像については不正な配信を防ぐための著作権表示が付けられていた。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “George Grantham Bain, Pioneer News Photographer Dies Here at the Age of 79”. New York Times. (1944年4月21日). https://www.nytimes.com/1944/04/21/archives/george-grantham-bain-pioneer-news-photographer-dies-here-at-the-age.html 2010年5月9日閲覧. "George Grantham Bain, pioneer newspaper photographer of this city, whose friends called him "the father of foreign photographic news," died yesterday in Bellevue Hospital." 
  2. ^ a b George Grantham Bain Collection (Prints and Photographs Reading Room, Library of Congress)”. www.loc.gov. 2017年12月4日閲覧。
  3. ^ Bain News Service photograph collection”. Library of Congress. 2010年5月9日閲覧。 “ca. 40,000 negatives: glass; 4 × 5 in. and 5 × 7 in. about 710 negatives: glass; 8 × 10 in. 64 negatives: nitrate film; 2 1/1 × 3½ in. and 4 × 6 in.”

外部リンク[編集]