ジョージ・ギルバート・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ・ギルバート・スコット
George Gilbert Scott.jpg
生誕 1811年7月13日
イギリスの旗 イギリスバッキンガムシャー
死没 (1878-03-27) 1878年3月27日(66歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 建築家
受賞 RIBAゴールドメダル(1859年)
建築物 アルバート記念碑
外務・英連邦省本館
セント・パンクラス駅

サージョージ・ギルバート・スコットGeorge Gilbert Scott1811年7月13日 - 1878年3月27日)は、イギリス建築家。自分の設計作品と並んで、修復の仕事でも有名である。

ヴィクトリア朝ゴシック・リヴァイヴァル建築の中心人物であり、もっとも旺盛な活動をした建築家なのである。生涯におよそ800の建築工事をした[1]

生涯[編集]

スコットは、1811年7月13日、バッキンガムシャーのゴーコットに住む地方英国国教会の聖職者の、四番目の子として生まれた。ロンドンのジェームス・エドムストン建築事務所で古典主義建築の修業を勉強始めた。

教会建築学派でありオーガスタス・ピュージン的な建築家の最初にしてもっとも重要な建築家が、スコットであった。スコットとの主宰する建築事務所は、何百という教会堂を建てたり修復したりした。

スコットも大学のデザインで際だっていた。彼はピュージンや教会建築学協会のやり方に従って、オックスフォード大学のエクセター・カレッジのチャペルに中期尖頭様式を採用した。1863年にスコットはケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジに大きなチャペルを増築した。

スコットによるロンドンのセント・パンクラス駅およびミッドランド・ホテルは、1864年から1868年にかけて建設された巨大な停車場屋上の全面に建つ。スコットの他の重要な作品には, リーズ診療所(1867年), グラスゴー大学(1870年)がある。

家族[編集]

孫息子のサー・ジャイルズ・ギルバート・スコット英語版(1880年ー1960年)は、1903年のリヴァプール大聖堂の競争設計で入選し、及びテムズ川沿いにそびえ立つバタシー発電所バンクサイド火力発電所 (現在のテート・モダン) を設計している。

代表作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ https://www.theguardian.com/commentisfree/2011/jul/08/sir-george-gilbert-scott-st-pancras

関連項目[編集]

外部リンク[編集]