ジョージ・ウィリアムズ (YMCA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
YMCA創設者、ジョージ・ウィリアムズ
ラッセル・スクウェアにある、彼を記念したレリーフ

ジョージ・ウィリアムズ : Sir George Williams1821年10月11日 - 1905年11月6日)は、イギリスキリスト教徒キリスト教青年会YMCA)の創設者。

略歴[編集]

ウィリアムズは、1821年にイングランドサマセット州ダルヴァートンen:Dulverton)の農家に生まれた。

若い頃は、不注意で軽率で不信心で無礼な若者だった。

YMCA創設[編集]

彼はロンドンの生地屋に働きに出て、過酷な条件下で働いている若者が多いことに衝撃を受け、犯罪に手を染めないよう、生地屋仲間を中心に青年組織を作った[1]。 その組織が後に「キリスト教青年会」(YMCA)となった[1]

初期の会への寄付者には、彼の雇用主であったジョージ・ヒッチコックがいた。ウィリアムズは、彼の娘のヘレン・ジェーン・モンデール・ヒッチコックと1853年に結婚した。

1894年には、ヴィクトリア女王より、ナイトに叙勲された。

死後[編集]

1905年に彼は死去し、セント・ポール大聖堂に埋葬され、ウェストミンスター寺院ステンドグラスに飾られた。

参考文献[編集]

  • George Williams And The Y.M.C.A.: A Study in Victorian Social Attitudes(Clyde, Binfield、1973年、ハイネマン)ISBN:0434070904
  • 「文脈の中のジョージ・ウィリアムズ-YMCA創立者の肖像(前編)」(クライド・ビンフィールド著、手島毅郎訳、『東京YMCA総合研究機構紀要』4、1998年)
  • 「文脈の中のジョージ・ウィリアムズ-YMCA創立者の肖像(後編)」(クライド・ビンフィールド著、手島毅郎訳、『東京YMCA総合研究機構紀要』5、1999年)

外部リンク[編集]

脚注[編集]