ジョージアにおけるサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジョージアにおけるサッカーでは、南コーカサスにあるジョージア国(グルジア)におけるサッカーの歴史と普及状況について解説する。

サッカーはジョージア国で最も人気があるスポーツである[1][2]ジョージアサッカー連盟がサッカー競技を統括している。連盟により男子代表女子代表フットサル代表が組織される。イギリスの商人が30世紀初頭にポティで行っていたものが広まったのをジョージアにおけるサッカーの起源とする[1]

ジョージアはUEFA EURO 2020の開催地に立候補したが[3]、落選した。

国内競技[編集]

ジョージアの国内リーグシステムはジョージア・プロフェッショナルサッカーリーグによって運営されている。Amongst others they run the following leagues:

Level

League(s)/Division(s)

1

Umaglesi Liga
16クラブ

↓↑ 2-3 clubs

2

Pirveli Liga
18クラブ

↓ 3 clubs
↑ 1 club ↑ 1 club ↑ 1 club

3

Meore Liga ウェスト
8クラブ + 6予備チーム

Meore Ligaセンター
14クラブ + 1予備チーム

Meore Ligaイースト
12クラブ + 2予備チーム

ジョージア・プロフェッショナルサッカーリーグはサカルトヴェロス・タシサカルトヴェロス・スペルタシも開催している。

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b When Saturday Comes - Stable mates”. Wsc.co.uk (2012年7月9日). 2015年3月11日閲覧。
  2. ^ Lost in transition: Africans in Georgia | Globalization | DW.DE | 24.05.2012”. DW.DE (2014年5月18日). 2015年3月11日閲覧。
  3. ^ Barnes, John (2012年5月15日). “BBC Sport - Euro 2020: Ireland, Scotland and Wales eye joint bid as hosts”. Bbc.co.uk. 2015年3月11日閲覧。