ジョーカー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョーカー
Joker
Joker (2019) logotype.png
監督 トッド・フィリップス
脚本 トッド・フィリップス
スコット・シルヴァー
原作 ボブ・ケイン
(キャラクター創作)
ビル・フィンガー
(キャラクター創作)
ジェリー・ロビンソン
(キャラクター創作)
製作 トッド・フィリップス
ブラッドリー・クーパー
エマ・ティリンガー・コスコフ
製作総指揮 マイケル・E・ウスラン
ウォルター・ハマダ
アーロン・L・ギルバート
ジョセフ・ガーナー
リチャード・バラッタ
ブルース・バーマン
出演者 ホアキン・フェニックス
ロバート・デ・ニーロ
ザジー・ビーツ
フランセス・コンロイ
音楽 ヒドゥル・グドナドッティル[1]
撮影 ローレンス・シャー
編集 ジェフ・グロス
製作会社 DCフィルムズ
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
ブロン・クリエイティブ
ジョイント・エフォート
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 2019年10月4日[2][3][4]
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[5]
興行収入 世界の旗 $1,071,160,056[6]
日本の旗 50.6億円(2020年1月時点)[7]
テンプレートを表示

ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年アメリカ合衆国で制作されたスリラー映画DCコミックスバットマン」に登場するスーパーヴィランであるジョーカーことアーサー・フレックが悪へ堕ちる経緯が描かれる。「グラディエーター」「ザ・マスター」などで個性派俳優として知られるホアキン・フェニックスがアーサーを演じ、「ハングオーバー!シリーズ」を成功させたトッド・フィリップスが監督を務める。映画は2019年10月4日より日米同日で劇場公開された。R15+指定。 ロケ地となったニューヨーク・ブロンクス地区にある階段が観光名所になった[8]。劇場公開当時のキャッチコピーは「本当の悪は笑顔の中にある[9]

ストーリー[編集]

時は1981年、財政難によって荒んだゴッサムシティ。大道芸人のアーサー・フレックホアキン・フェニックス)はこの街で母親のペニーフランセス・コンロイ)と2人で暮らしていた。2人の生活は酷く困窮しており、ペニーはかつて自身を雇っていたトーマス・ウェインへ救済を求める手紙を何度も送っていた。アーサーの目標はコメディアンとして人々を笑わせることで、日々思いついたネタをノートへ書き記し、マレー・フランクリンロバート・デ・ニーロ)の人気番組『マレー・フランクリン・ショー』にて脚光を浴びる願望を抱いていた。しかし発作的に笑い出すという病気によって多量の精神安定剤を手放せず、仕事でも周囲に溶け込めず報われない日々を過ごしていた。
ある時の仕事中に貧民街の少年らに暴行を受けたアーサーは、同僚のランドルから護身用にと拳銃を借り受けたが、これを小児病棟の慰問中に落としてしまい仕事をクビになってしまう。ランドルにも裏切られピエロのカッコウで地下鉄に乗っていると、今度は酔っ払った証券マンらに絡まれ暴行を受け、反射的に彼らを拳銃で射殺した。殺人を犯した罪悪や恐怖だけでなく、言い知れぬ高揚感がアーサーを満たしていった。
アーサーの起こした地下鉄殺人は貧困層から富裕層への復讐と報道され、ゴッサム市民から支持を集める。さらに証券マンらが勤めていたウェイン産業のトップで、市長選へ立候補するトーマスが色めき立つ市民を「ピエロ」と嘲ったのを機に事態は加熱し、貧困層と富裕層との軋轢が増々悪化、ウェインへの反発によって日々ピエロの仮面を被った市民による抗議デモが頻発した。これまで誰からも認知されずにいたアーサーは、人生における存在意義を果たしたのだと気分を上げ、意を決して出演したコメディショーでは笑いの発作に侵されながらもどうにか最後まで演じ切った。だがすでに刑事たちはアーサーに目星をつけて調査に乗り出し、彼らの詰問にあったペニーは脳卒中で倒れてしまった。
そんな中、アーサーはペニーの手紙を盗み見、自身がペニーとトーマスの隠し子であるという内容を目にする。真実を確かめるべくトーマスを尋ねると、すべてはペニーの虚言だと突っぱねられる。ペニーは精神障害を患い、養子のアーサーが恋人に虐待されるのを静観した罪で逮捕された過去があった。アーサーの笑いの病もこの虐待が原因であった。失意に陥るアーサーの元へ、突如、『マレー・フランクリン・ショー』のスタッフから電話がかかる。先のコメディショーの映像を番組で流したところ反響を呼び、番組出演を求められたのだった。しかし、憧れていたマレーはアーサーのショーを正当に評価するでなく、世間の笑いものとして見せているに過ぎなかった。「僕の人生は悲劇ではなく喜劇だったのだ」と悟ったアーサーは病床に尽くペニーを窒息死させた。
番組収録の当日。アーサーは自宅にて髪を緑に染め上げ、馴染み深いピエロのメイクや服装など入念な準備を進めていた。そこへ母親の死を悼んだランドルが訪問する。だがランドルは相変わらずな様子で、実は警察への証言の口裏合わせを求めて来訪したに過ぎなかった。アーサーは隠し持っていたハサミでランドルを殺害し、改めて完成させたピエロのメイクで街へ乗り出す。意気揚々と階段の踊り場で舞い踊るアーサーを、張り込んでいた刑事たちが追いかける。アーサーはデモへ向かうピエロですし詰め状態の地下鉄へ逃げ込む。刑事たちはピエロだらけの車内で無関係の市民を誤射してしまい、ピエロたちの暴行を受ける。まんまと刑事を撒いたアーサーは番組スタジオへ到着。アーサーはようやく対面したマレーに対し、自身のメイクは昨今の情勢とは全くの無関係であることと、自身を「本名ではなくジョーカーと紹介してほしい」と依頼する。
そして番組の生放送が始まった。アーサーはコメディアンとして振る舞うが、番組の趣旨とは合わないジョークに顰蹙を買い、話の流れの中で証券マンを殺したのは自分だと大胆に告白する。報われない人生で鬱積した怒りを番組内でぶちまけるアーサーは、次第にゴッサムの格差社会を非難し始める。自分のような社会不適合者は、富裕層から奴隷のように蔑まされる存在でしかなく、善悪や笑いの基準も社会的に力ある立場の人間が決めており、トーマス・ウェインも含め世の中は不愉快な連中ばかりだと主張。それに対してマレーは、世の中は不愉快な連中ばかりではないと言う。だがアーサーは、マレー自身も不愉快な富裕層と同じ立場の人間であり、自分を番組に出演させたのはみんなの笑いものにするためだと主張。呆れたマレーは番組を中断させようと、ディレクターに警察を呼ぶよう指示する。アーサーは社会不適合者のジョークを怒りに震えつつ披露しながら、隠し持っていた拳銃でマレーを射殺した。 パニック状態になり逃げ出す観客らをよそに、テレビカメラの前でステップを踏むアーサー。カメラに向かって司会者マレーの決め台詞「That's life!(それが人生!)」を真似しようとするが番組は中断され、駆け付けた警察に取り押さえられた。
アーサーの凶行は、図らずして貧困層の富裕層への憎悪を爆発させる要因となってしまった。ゴッサムシティはピエロに扮した市民の暴動によって混沌と化した。街のあちこちで火が上がり、富裕層の人々が悪辣な暴行を受けた。パトカーで護送されていたアーサーだったが、暴徒が駆る車の衝突によって救出される。暴徒たちの歓喜の声を受けたアーサーはパトカーのボンネットへ立ち上がり、自らの血で裂けた口のようなメイクを施し笑みと涙の混在した表情で踊った。一方で、騒動を避けて劇場から犯罪路地(crime alley)へ逃げたトーマスと、妻のマーサは暴徒の1人に射殺され、息子のブルースだけが生き残った。

キャスト[編集]

アーサー・フレック / ジョーカー
演 - ホアキン・フェニックス、日本語吹替 - 平田広明[10][11]
精神的な問題や貧困に苦しみながらも、スタンダップコメディアンを目指している道化師。認知症気味の母の面倒を見る心優しい男だったが、自身の辛い境遇から精神のバランスを崩し、次第に常軌を逸した行動を取っていく。感情が高ぶると、自分の意思に関係なく突然笑いだしてしまう病気を患っており、また妄想と現実の区別もつかなくなってきている。
マレー・フランクリン
演 - ロバート・デ・ニーロ、日本語吹替 - 野島昭生[10][11]
人気トーク番組「マレー・フランクリン・ショー」の司会者。アーサーが憧れている。
ソフィー・デュモンド
演 - ザジー・ビーツ、日本語吹替 - 種市桃子[10][11]
アーサーと同じアパートに住むシングルマザーの女性。
ペニー・フレック
演 - フランセス・コンロイ、日本語吹替 - 滝沢ロコ[10][11]
アーサーの母親。認知症気味で体が不自由。若い頃はゴッサム随一の大富豪のウェイン家にメイドとして仕えていたとアーサーに語っている。
トーマス・ウェイン英語版
演 - ブレット・カレン、日本語吹替 - 菅生隆之[11]
ゴッサムシティの名士。政界に進出し市議会議員となるが、医療制度の解体を推し進めたことなどから困窮する貧困層からバッシングを受けている。
ギャリティ刑事
演 - ビル・キャンプ、日本語吹替 - 高岡瓶々[11]
ゴッサム市警の刑事。
バーク刑事
演 - シェー・ウィガム、日本語吹替 - 山岸治雄[11]
ゴッサム市警の刑事。
ランドル
演 - グレン・フレシュラー英語版、日本語吹替 - ボルケーノ太田[11]
アーサーの同僚の道化師。
ゲイリー
演 - リー・ギル英語版、日本語吹替 - 越後屋コースケ[11]
アーサーの同僚の道化師。小人症で他の同僚に身長をネタにからかわれる。原作ではジョーカーのずっと昔の相棒ギャギーというヴィランが元となっている。
ジーン・アフランド
演 - マーク・マロン英語版、日本語吹替 - 唐沢龍之介[11]
「マレー・フランクリン・ショー」のプロデューサー。
アルフレッド・ペニーワース
演 - ダグラス・ホッジ英語版、日本語吹替 - 田中美央[11]
トーマス・ウェインの執事。
ブルース・ウェイン
演 - ダンテ・ペレイラ=オルソン英語版
トーマス・ウェインの息子。この映画の原典である『バットマン』における主人公。両親を目の前で喪った悲しみから、成長後、蝙蝠のコスチュームを纏って犯罪者に立ち向かうクライムファイターとなり、ジョーカーと対決する。
カール
演 - ブライアン・タイリー・ヘンリー
アーカム州立病院の事務員。

製作[編集]

脚本は『タクシードライバー』や『キング・オブ・コメディ』などマーティン・スコセッシの作品群に影響を受けて書かれ、80年代初頭のゴッサムシティを舞台とした作品となった[12]。両作に主演したロバート・デ・ニーロが本作に出演している。

当初はスコセッシ監督がメガホンを取り、ジョーカー役に盟友のレオナルド・ディカプリオが配役される話もあったが[13]、監督に就任したトッド・フィリップスは同役にはホアキン・フェニックス以外考えられないとし、起用されるに至った。

撮影[編集]

2018年9月より、ニューヨーク市内で撮影がスタートした[14]。ロケ地となったのはブロンクスチャーチ・アベニュー駅ベッドフォード・パーク・ブールバード駅ブルックリン9番街駅クイーンズのアストリアにあるファースト・セントラル・セービングス・バンクなどである。

ニュージャージー州ジャージーシティでも撮影が行われ、ニューアーク・アベニューが一時閉鎖されてのロケが行われた。10月にはニューアーク、11月には郡道501号での撮影が行われた[15][16]

公開[編集]

当初、日本での公開は11月の予定だったが、後に10月4日に日米同時公開に変更となった[3]

評価[編集]

興行収入[編集]

10月4日に公開され、アメリカでは公開初日からの3日間で9,620万2,337ドルを記録[17]。日本でも10月8日までの5日間で10億2,241万3,800円を記録した[18]

R指定作品として、全世界での興行成績において、『デッドプール2』が保持していた7億8,500万ドルの世界記録を塗り替え、10億ドルを超え[19]、一位を記録[20]。日本では興行収入が2019年12月15日に50億円を突破した[19]

評論[編集]

Rotten Tomatoesによれば、503件の評論のうち69%にあたる347件が高く評価しており、平均して10点満点中7.28点を得ている[21]Metacriticによれば、58件の評論のうち高評価は32件、賛否混在は15件、低評価は11件で、平均して100点満点中59点を得ている[22]

受賞[編集]

カテゴリ 対象 結果
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 トッド・フィリップス ノミネート
主演男優賞 ホアキン・フェニックス 受賞
脚色賞 トッド・フィリップス
スコット・シルバー
ノミネート
衣装デザイン賞 マーク・ブリッジス ノミネート
作曲賞 ヒドゥル・グドナドッティル 受賞
撮影賞 ローレンス・シャー ノミネート
編集賞 ジェフ・グロス ノミネート
音響編集賞 ノミネート
録音賞 ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 ノミネート
英国アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 トッド・フィリップス ノミネート
主演男優賞 ホアキン・フェニックス 受賞
脚色賞 トッド・フィリップス
スコット・シルバー
ノミネート
キャスティング賞 受賞
撮影賞 ノミネート
編集賞 ノミネート
美術賞 ノミネート
音響賞 ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 ノミネート
作曲賞 ヒドゥル・グドナドッティル 受賞
日本アカデミー賞 優秀外国作品賞 ノミネート
全米映画俳優組合賞 主演男優賞 ホアキン・フェニックス 受賞
ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 受賞
放送映画批評家協会賞[23][24] 作品賞 ノミネート
主演男優賞 ホアキン・フェニックス 受賞
脚色賞 トッド・フィリップス
スコット・シルバー
ノミネート

出典[編集]

  1. ^ Hildur Gudnadottir to Score Todd Phillips’ ‘Joker’ Origin Movie”. Film Music Reporter. 2018年9月20日閲覧。
  2. ^ McClintock, Pamela; Kit, Borys (2018年6月18日). “'Joker' Origin Movie Lands Fall 2019 Release Date”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/joker-origin-pic-lands-fall-2019-release-date-1128203 2018年7月18日閲覧。 
  3. ^ a b “俺の人生は悲劇? いや、喜劇だ「ジョーカー」日米同時公開! ポスター&特報も披露”. 映画.com. (2019年5月10日). https://eiga.com/news/20190510/3/ 2019年5月10日閲覧。 
  4. ^ “DC新作『ジョーカー』10.4日米同時公開!”. シネマトゥデイ. (2019年5月10日). https://www.cinematoday.jp/news/N0108541 2019年5月10日閲覧。 
  5. ^ Kit, Borys (2018年6月13日). “Warner Bros. Shifts DC Strategy Amid Executive Change-Up” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/joker-batman-suicide-squad-movie-plans-making-sense-dcs-moves-1119489 2018年6月15日閲覧。 
  6. ^ Joker (2019)” (英語). Box Office Mojo. 2020年1月31日閲覧。
  7. ^ 2019年 (令和元年) 全国映画概況 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2020年1月31日閲覧。
  8. ^ “『ジョーカー』で象徴的なロケ地の階段、観光名所に 米NY”. (2019年10月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/3251685 2019年11月2日閲覧。 
  9. ^ 狂気の連続!DC新作『ジョーカー』予告編&ポスター公開”. シネマトゥデイ (2019年8月29日). 2020年2月1日閲覧。
  10. ^ a b c d “『ジョーカー』来年1月ソフト発売!日本語吹替版は平田広明がアーサー役”. シネマトゥデイ. (2019年12月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0112792 2019年12月6日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j k “ジョーカー”. ふきカエル大作戦!!. (2019年12月23日). https://www.fukikaeru.com/?p=13026 2019年12月23日閲覧。 
  12. ^ Jr, Mike Fleming (2017年8月22日). “The Joker Origin Story On Deck: Todd Phillips, Scott Silver, Martin Scorsese Aboard WB/DC Film”. http://deadline.com/2017/08/the-joker-origin-movie-todd-phillips-martin-scorsese-scott-silver-batman-dc-universe-1202154053/ 2017年8月23日閲覧。 
  13. ^ Masters, Kim; Kit, Borys (2017年9月1日). “The Joker Movie: Warner Bros. Wants Class, Cachet and Maybe Leonardo DiCaprio” (英語). http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/leonardo-dicaprio-joker-movie-warner-bros-wants-actor-role-1034392 2017年9月5日閲覧。 
  14. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年8月27日). “Alec Baldwin Joins Todd Phillips’ ‘Joker’”. https://deadline.com/2018/08/joker-movie-todd-phillips-alec-baldwin-thomas-wayne-batman-father-1202452962/ 2018年8月28日閲覧。 
  15. ^ McNary, Dave (2018年10月10日). “'Joker' Movie Extras Reportedly Denied Break, Locked in Subway Cars”. Variety. 2018年10月23日閲覧。
  16. ^ MacDonald, Terrence T. (2018年9月21日). “'Joker,' Joaquin Phoenix film about Batman nemesis, to film in N.J. locations”. NJ.com. 2018年9月21日閲覧。
  17. ^ Weekend Box Office Results for October 4-6, 2019” (英語). Box Office Mojo. 2019年10月13日閲覧。
  18. ^ 『ジョーカー』快進撃、国内興収10億円を5日間で突破 ─ 米国でも連日記録更新中、監督も感謝のコメント、THE RIVER (2019年10月10日) 2019年10月13日閲覧。
  19. ^ a b 『ジョーカー』1月9日に劇場公開終了へ ─ 国内興収50億円突破、世界ランキング第3位に”. THE RIVER (2019年12月17日). 2019年12月18日閲覧。
  20. ^ 「ジョーカー」の興行成績、R指定作品として歴代1位に (ライブドアニュース[1]
  21. ^ Joker (2019)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年11月4日閲覧。
  22. ^ Joker Reviews” (英語). Metacritic. 2019年10月16日閲覧。
  23. ^ “放送映画批評家協会賞映画部門は「アイリッシュマン」が最多14ノミネート”. エイガドットコム (eiga.com). (2019年12月11日). https://eiga.com/news/20191211/14/ 2020年2月3日閲覧。 
  24. ^ “放送映画批評家協会賞作品賞は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」”. エイガドットコム (eiga.com). (2020年1月13日). https://eiga.com/news/20200113/7/ 2020年2月3日閲覧。 

外部リンク[編集]