ジョーイ・ギャロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョゼフ・"ジョーイ"・ギャロ(Joseph "Joey" Gallo, 1929年4月7日 - 1972年4月7日)は、ニューヨークの5大ファミリーの一つプロファチ一家のメンバーで殺し屋。別名クレージー・ジョー(Crazy Joe)。ナポリ移民のもとにブルックリンで生まれた。三兄弟の次男。

プロフィール[編集]

カモッラの末裔[編集]

1950年代初め、プロファチ一家に入り幹部ハリー・フォンタナの配下となった。ブルックリンのレッドフック地区からプレジデントストリートにかけてナンバーズ賭博や麻薬、売春で稼いだ。ギャロの縄張りは元々ナポリ系カモッラの地盤で、ラッキー・ルチアーノらの協定によりジョゼフ・プロファチの傘下とさせられた経緯がある。のちハーレムなどの黒人の縄張りまで進出した。プロファチに上納金を渡さずに傘下に多数の兵隊を抱えてバズーカ爆弾で武装化する半独立グループを形成した。ヴィト・ジェノヴェーゼ配下の"トニー・ベンダー"・ストロッロと親しかった。また一説に1957年のアルバート・アナスタシア殺害の実行犯と目される。

ギャロ-プロファチ戦争[編集]

1950年代後半、一家の賭博屋でギャロの友人フランク・アバトマルコが警察の手入れにより収入が激減した為プロファチへの上納金を滞納した。アバトマルコはギャロの入れ知恵もあり滞納し続け、未払い上納金は5万ドルに達した。1959年11月、プロファチの暗殺指令により、ギャロはアバトマルコを殺害したが、その組織の大部分を引き継ぐという約束を無視されたため、プロファチに反乱を起こした(ギャロはアバトマルコの殺害に関与していないとする説もある)。カルロ・ガンビーノに苦情を言いに行ったともいう。1961年2月、副ボスのジョゼフ・マリオッコらファミリー首脳部5人を一時拘束してフロリダにいたプロファチと遠距離交渉したとされる(プロファチが譲歩した為、のち解放した)。半数以上のメンバーがギャロ側に付いたが、ほどなくプロファチは復讐を開始し、報奨金をエサにギャロ派の切り崩しを図った。ギャロ一味のニコラス・フォラノとカーマイン・ペルシコ英語版がプロファチ側に寝返り、また一味内部のプロファチのスパイ、ジョン・シモネがギャロ側近のジョー・ジェリーを殺害したことで抗争はエスカレートした。ボナンノ一家もギャロに圧力を加えたとされるが、ギャロ本人はのんびりした様子だったと伝えられる。一連の抗争はガンビーノやトーマス・ルッケーゼの支援を受けていたとされる。

収監&出所[編集]

1961年、恐喝ゆすり容疑で告発され監獄送りとなった。残ったギャロ派はプロファチと抗争を続けた。収監中は油絵を書いたり、小説などの読書に時間を費やした。1971年2月にアッティカ刑務所を出所するとプロファチを継いだコロンボ一家と闘争を始め、一説に黒人ジェローム・ジョンソンにコロンボを狙撃させたとされる(コロンボの大っぴらな政治運動を快く思っていなかったガンビーノ黒幕説がある)。またハーレムのアフリカ系アメリカ人、暴走族のヘルズ・エンジェルスとも結託した。

最期[編集]

1972年4月7日リトル・イタリーカニのレストラン"Umberto's Clam House"(経営者はジェノヴェーゼ一家関係者)での43歳の誕生日を祝う家族パーティの最中、乱入した3人のヒットマンに5発の銃弾を浴び、路上へ出たところで絶命した[1]。 後年政府の密告者に転じたコロンボ一家のジョー・ルパレッリがコロンボ一家のヤコヴェリやペルシコの指示で殺したと証言し、ルパレッリ、フィリップ・ガンビーノがレストラン外で見張りに立ちソニーピント以下3人が実行犯だとした。コロンボ殺しの仕返しとも、自伝本(回想記)を書く準備を進めていたギャロの口封じとも言われる。ジミー・ホッファの旧友フランク・シーラン説もある(1999年死期の迫ったシーランがホッファの殺害とギャロ殺害をそれぞれ告白した)。

エピソード[編集]

  • ニューヨーク市長のジョン・リンゼイに頼まれニューヨーク大暴動では白人と黒人の右翼団体の仲裁にも乗り出している。この際にギャロ兄弟は「僕達は正義と平和を守るために表面には出ないで力を尽くした」と公言している。
  • ロバート・ケネディの『内部の敵』は、1957年に組織犯罪の調査で上の兄貴と参考人として呼ばれたギャロを「最も異常な証人」だったと断じている。ケネディは「殺し屋の王様」と呼ばれたこの証人は「黒シャツ、黒ズボン、黒のコート、首の後ろにたれた長い巻毛」の外貌であり、委員会の質問には「コップ二杯の水を振りまいたり、灰皿を机からたたき落としたり」の演技を見せたが、全て憲法「修正第5条」を持ち出して証言を拒否したと書いている。質疑の最後に「公平に扱った君が気に入ったから、兄貴のジョン・F・ケネディの大統領選挙を応援しよう」と冗談を言ったギャロに対して「(もし好意があるのなら)相手方の応援をして欲しい」とケネディが切り返すと笑って出て行ったとされる。
  • 服役中の暇つぶしに読書を始めて、死ぬまで読書家だった。ハリウッドの脚本家に「ヘンリー・ミラーの作品をどう思う?」と質問しているようにアメリカ文学が好みだったようである。刑務所では「無敵の男」とも「アンタッチャブル」とも呼ばれる黒人ギャングで麻薬シンジケートの大物であるリロイ・バーンズ英語版と深い交際を結んだ。
  • 少なくとも40人を自分の手で殺し、それ以外にも数十件の未解決殺人事件に関与しているとされるが殺人では有罪になった事はない。
  • ギャロは自分を題材にした映画(「The Gang That Couldn't Shoot Straight」)を見て気に入らなかったが、主演を演じた俳優ジェリー・オーバックとは友達になった。また映画「ゴッドファーザー」を見て気に入ったという。(ギャロープロファチ戦争のエピソードが多く使用されたゴッドファーザーパートⅡのほうは見ないまま死んだ)。
  • 子供好きだったとされる。

題材になった作品等[編集]

  • 彼の人生をモデルとした小説「The Gang That Couldn't Shoot Straight」(1969年)の他、同名タイトルの映画(1971年)が製作された。
  • ボブ・ディランが1976年に発表したアルバム『欲望』に収録された「Joey」(ライナー表記は「ジョーイー」)のモデルとして知られる。
  • 死魚入りの服、バーでの警官救出劇、釣りボート上の銃殺などギャロープロファチ戦争のエピソードが「ゴッドファーザー」、「ゴッドファーザー PART II」に取り入れられた。
  • Crazy Joe(邦題:マンハッタン皆殺し作戦、1974年)。世界暗黒史に残るアッティカ刑務所での暴動の起こる少し前に出所しているが、この映画ではこれを鎮圧したことになっている。

脚注[編集]

  1. ^ http://gangstersinc.tripod.com/AmericanMurderScenes/CrazyJoey.html

外部リンク[編集]