ジョヴァンニ・アルピーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョヴァンニ・アルピーノイタリア語:Giovanni Arpino1927年1月27日 - 1987年12月10日)は、イタリアイストリア半島(現:クロアチアプーラピエモンテ州出身の小説家ジャーナリスト

1964年に少年時代に経験した戦争抵抗運動を活かして『丘の影(L'ombra delle colline)』を著してイタリア文学界最高の賞とされるストレーガ賞を受賞[1]。また、アメリカ俳優脚本家映画監督であるアル・パチーノアカデミー主演男優賞を受賞したセント・オブ・ウーマン/夢の香り原作を手掛けた。

1952年処女作である『Sei stato felice, Giovanni』を発表。

1962年ボッカチオ'70脚本を務める。

1974年小説『闇と蜂蜜(Il buio e il miele)』を著し、同国出身の映画監督脚本家であるディーノ・リージが取り上げて『女の香り』が上映された。

1987年12月10日、トリノのため亡くなる。

作品[編集]

  • Sei stato felice, Giovanni (1952)
  • Gli anni del giudizio (1958)
  • La suora giovane (1959)
  • Un delitto d'onore (1960)
  • Una nuvola d'ira (1962)
  • L'ombra delle colline (1962)
  • Un'anima persa (1966)
  • La babbuina (1967)
  • Il buio e il miele (1969)
  • Randagio è l'eroe (1972)
  • Racconti di vent’anni (1974)
  • L'assalto al treno ed altre storie (1974)
  • Rafé e Micropiede (1974)
  • Domingo il favoloso (1975)
  • Il primo quarto di luna (1976)
  • Azzurro tenebra (1977)
  • Il fratello italiano (1980)
  • Le mille e una Italia (1980)
  • Un gran mare di gente (1981)
  • Bocce ferme (1982)
  • La sposa segreta (1983)
  • Il contadino Genè (1985)
  • Passo d'addio (1986)
  • La trappola amorosa (postumo, 1988)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川名公平. “アルピーノ”. 日本大百科全書(ニッポニカ)(コトバンク). 2019年6月10日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]