ジョン・ラムトン (初代ダラム伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代ダラム伯爵
ジョン・ラムトン
John Lambton
1st Earl of Durham
John George Lambton, 1st Earl of Durham by Thomas Phillips.jpg
生年月日 1792年4月12日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドロンドン
没年月日 (1840-07-28) 1840年7月28日(満48歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスイングランドワイト島カウズ英語版
出身校 イートン校
前職 陸軍軍人
所属政党 ホイッグ党(急進派英語版)
称号 初代ダラム伯爵バス勲章ナイト・グランド・クロス(GCB)、枢密顧問官(PC)
親族 チャールズ・ラムトン英語版(父)
初代チャムリー侯英語版(義父)
2代グレイ伯(義父)
サイン John Lambton, 1st Earl of Durham Signature.svg

在任期間 1830年11月22日 - 1833年3月

在任期間 1838年 - 1839年
女王 ヴィクトリア

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 カウンティ・ダラム選挙区英語版
在任期間 1813年9月 - 1828年1月29日

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1828年1月29日 - 1840年7月28日
テンプレートを表示

初代ダラム伯爵ジョン・ラムトン: John Lambton, 1st Earl of Durham, GCB, PC1792年4月12日 - 1840年7月28日)は、イギリスの政治家、軍人、貴族。

ホイッグ党急進派英語版の政治家として知られる。

経歴[編集]

1792年4月12日庶民院議員ウィリアム・ヘンリー・ラムトン英語版とその妻アン(第4代ジャージー伯爵ジョージ・ヴィリアーズ英語版の娘)の長男としてロンドンに生まれた[1][2]。ラムトン家は12世紀以来イングランド北部に居住する地主で王室とも遠縁にあたる。その所有地の石炭鉱山から莫大な収入を得る富豪だった(1833年時に彼は2400人の鉱山労働者を抱えていた)[2]。彼の父を含めて彼の一族は急進的な政治的立場をとる者が多かった[2]

家庭教師の教育を受けた後、1805年から4年にわたってイートン校に在学した[2]。大学に進学せず、第10軽騎兵連隊に入隊して陸軍軍人となったが、1812年には初代チャムリー侯爵ジョージ・チャムリー英語版の娘ハリエットと彼女の父の意思に反して駆け落ち・結婚し、軍を離れた[2]

1813年9月にはカウンティ・ダラム選挙区英語版から選出されて「急進的ホイッグ英語版」と称する立場の庶民院議員となった[2]1814年にはフリーメイソンのグランビー・ロッジNo124のメンバーとなる[3]

最初の妻と死別した後の1816年12月にホイッグ党首第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイの娘ルイーザを後妻に迎えた[1]

1821年4月には三年制議会、戸主に選挙権を認める、腐敗選挙区を削減することなどを柱とする選挙法改正法案を議会に提出した[4]。可決しなかったものの、これにより中産階級の急進派の支持を集めた[2]

1828年1月29日連合王国貴族カウンティ・パラティン・オブ・ダラムにおけるシティ・オブ・ダラム及びラムトンキャッスルのダラム男爵(Baron Durham, of the City of Durham and of Lambton Castle in the County Palatine of Durham)に叙せられ、貴族院議員に列した[2][5]。貴族となったのちも彼は急進派としての立場を崩さず、「急進貴族(Noble Radical)」と呼ばれた。労働者層への接近も図り、労働者に向けた演説の中で「私の持つすべてを諸君にゆだねる。私の命・名誉・財産は、諸君の手中で私自身の手中にあるのとおなじに安全たるを確信する」「私は知っている。貴族のアーミン毛皮のローブの下と同じく、職工の粗野な仕事ジャケットの下にも健全な精神、真の道義心、真の独立心が宿るということを」と公言して憚らなかった[6]

1830年11月に発足したホイッグ党政権のグレイ伯爵内閣には王璽尚書として入閣。また枢密顧問官に列した[7]。1832年の第一次選挙法改正では法案を起草した四人委員会(他にジョン・ラッセル卿、ダンカノン子爵ジョン・ポンソンビーサー・ジェームズ・グラハム准男爵)の一人となった。四人委員会の中ではダラム男爵が急進的に、ダンカノン子爵とグラハムが保守的にふるまうことが期待されていた。ダラム男爵は委員会の討論のおいて、秘密投票制の導入と三年制議会の導入、そして選挙権は年価値10ポンド以上の家屋の戸主に認めるべきことを主張したが、委員会内の議論やその後の内閣の議論、国王ウィリアム4世の意見などで修正されていった。結局第一次選挙委法改正では、10ポンド戸主案は採用されたものの、7年制議会は維持され、秘密投票制も却下された[8]

ダラム男爵はこの選挙法改正をあくまで「第一歩」と捉えていたのに対し、他のホイッグ党幹部は選挙改革はこれで終了であり、さらに実際の選挙の際には新選挙法の影響ができる限り小さくしようとしていた。そのためダラム男爵はホイッグ党幹部の中で浮くようになった[9]。義父グレイ伯爵との関係も悪くなり、1833年3月にはホイッグ政権から離れた[2]。この辞職の際に連合王国貴族ダラム伯爵位とラムトン子爵位を与えられた[1][10]

1835年4月に成立したホイッグ党政権の第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラムの第2次内閣にはホイッグ幹部の強い反発を受けて入閣できなかった(義父のグレイ伯爵さえも彼の入閣に反対していた)。これにより彼がホイッグ党を率いて首相となる芽はなくなった[11]

代わりに首相メルバーン子爵はダラム伯に駐ロシア大使英語版の地位を与えた[2]。ついで1838年1月から12月までカナダ総督を務めた[1]

1840年7月28日ワイト島カウズ英語版で死去した[2]

栄典[編集]

爵位[編集]

  • 1828年1月29日、初代ダラム男爵(連合王国貴族爵位)
  • 1833年3月23日、初代ダラム伯爵(連合王国貴族爵位)
  • 1833年3月23日、初代ラムトン子爵(連合王国貴族爵位)[1]

勲章[編集]

家族[編集]

1812年に初代チャムリー侯爵ジョージ・チャムリー英語版の娘ハリエットと結婚。彼女との間に以下の3女を儲けた[1]

1816年に第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイの娘ルイーザと再婚。彼女との間に以下の5子を儲けた[1]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “John George Lambton, 1st Earl of Durham” (英語). thepeerage.com. 2015年8月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Ouellet, Fernand. “LAMBTON, JOHN GEORGE, 1st Earl of Durham” (英語). Dictionary of Canadian Biography. 2014年8月30日閲覧。
  3. ^ A few famous freemasons” (英語). Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年9月7日閲覧。
  4. ^ 横越英一 1960, p. 108.
  5. ^ The London Gazette: no. 18433. p. 122. 1828年1月18日
  6. ^ 横越英一 1960, p. 111.
  7. ^ The London Gazette: no. 18748. p. 2450. 1830年11月23日
  8. ^ 横越英一 1960, p. 111-114.
  9. ^ 横越英一 1960, p. 114-115.
  10. ^ The London Gazette: no. 19030. p. 523. 1833年3月15日
  11. ^ 横越英一 1960, p. 111-115.

参考文献[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
サー・ヘンリー・ヴェーン=テンペスト准男爵英語版
バーナード子爵英語版
カウンティ・ダラム選挙区英語版選出庶民院議員
1813年 – 1828年
同一選挙区同時当選者
バーナード子爵英語版 (1812–1815)
ウィリアム・ポーレット閣下英語版 (1815–1828)
次代:
ウィリアム・ポーレット閣下英語版
ウィリアム・ラッセル英語版
公職
先代:
第2代ロスリン伯爵英語版
王璽尚書
1830年 – 1833年
次代:
初代リポン伯爵
官職
先代:
第2代ゴスフォード伯爵英語版
ローワー・カナダ知事英語版
1838年 – 1839年
次代:
初代シドナム男爵英語版
先代:
サー・ジョン・コルボーン英語版
カナダ総督
1838年 – 1839年
外交職
先代:
ジョン・ダンカン・ブライ閣下英語版
(代理)
駐ロシア大使英語版
1835年-1837年
次代:
ジョン・ラルフ・ミルバンク=ハスキソン
(代理)
イギリスの爵位
新設 初代ダラム伯爵
1833年1840年
次代:
ジョージ・ラムトン英語版
新設 初代ダラム男爵
1828年1840年