ジョン・ムーア・アリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ムーア・アリソン(John Moore Allison, 1905年4月7日 - 1978年10月28日)は、アメリカ合衆国外交官駐日大使、駐インドネシア大使、駐チェコスロヴァキア大使を歴任した。

人物・略歴[編集]

カンザス州ホルトン出身。1927年ネブラスカ大学を卒業、大学時代に極東問題に関心を持ち、ラドヤード・キプリングの作品に傾倒したこともあり、1927年に訪日。二年間、旧制小田原中学校、および旧制厚木中学校で英語教師として教鞭をとる。その後舞鶴海軍機関学校で英語教師を務めたのち、ゼネラル・モーターズ上海支社での勤務を経て、1930年に国務省に入省する。日本大使館での語学研修を経て、日本・中国の各地に勤務、在大阪領事として太平洋戦争の開戦を迎え、1942年帰国する。

戦後もアジアに関するキャリアを歴任し、1946年10月28日より国務省日本部で副部長[1]、1947年10月5日より国務省北東アジア部長[1]、1948年11月1日より国務省極東局で副局長[1]、1949年10月3日から1950年9月12日まで北東アジア部長[1][2]。1951年、ジョン・フォスター・ダレス対日講和特使の訪日にあたっては首席随員として随行、1952年には極東担当国務次官補に就任し、サンフランシスコ講和条約の草案作成に関与した。

1953年4月8日、駐日大使に指名され、5月28日に日本政府に信任される。在任中は日米相互防衛援助協定 (MSA) の調印、1954年3月16日に発生した第五福竜丸事件の処理になどあたった。

第二次世界大戦中にアイゼンハワー司令部の政治顧問も務めた前任者のロバート・マーフィーダグラス・マッカーサーの甥であった後任のマッカーサー2世に比べて、知名度、政治的影響力ともに貧弱な「極東屋」として、当時から軽量級の大使と見なされることが多かった。

しかし、近年の研究では、アリソンが「朝鮮戦争第一次インドシナ戦争が終わり、アジア冷戦が沈静化する中で、米国は政治経済ともに弱体な日本の国内状況安定を優先すべきであり、過度の再軍備を要求し、これを妨げるべきではない」との意見を本国政府に繰り返し具申していたことが明らかになっており、このような具申がアイゼンハワー政権下で生じた対日政策見直しや保守合同推進に少なからぬ影響を発揮したとする再評価が生まれている。

ハリー・トルーマン大統領図書館には関係者文書として、極東担当国務次官補時代の文書が保存されている。

略歴[編集]

著書[編集]

  • Ambassador from the Prairie, or Allison Wonderland, (Houghton Mifflin, 1973).

参考文献[編集]

  • 池井優『駐日アメリカ大使』(文藝春秋[文春新書], 2001年)
  • 池田慎太郎『日米同盟の政治史――アリソン駐日大使と「1955年体制」の成立』(国際書院, 2004年)
  • 村田晃嗣「アメリカ知日派(ジャパン・ハンズ)の系譜(2)1950年代『不思議の国』から安保改定まで」『外交フォーラム』2001年5月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

トルーマン大統領図書館ホームページ内。目録を確認可能
公職
先代:
ヒュー・ボートン
アメリカ合衆国国務省極東局北東アジア部長
1947年10月5日 - 1948年10月31日
次代:
マックス・ウォルド・ビショップ
先代:
マックス・ウォルド・ビショップ
アメリカ合衆国国務省極東局北東アジア部長
1949年10月3日 - 1950年9月12日
次代:
ウラル・アレクシス・ジョンソン
先代:
ディーン・ラスク
アメリカ合衆国国務次官補(極東担当)
1951年2月1日 - 1953年4月7日
次代:
ウォルター・ロバートソン
外交職
先代:
ヒュー・スミス・カミング
在インドネシアアメリカ合衆国大使
1957年3月13日 - 1958年1月29日
次代:
ハワード・ジョンズ
先代:
ウラル・アレクシス・ジョンソン
在チェコスロバキアアメリカ合衆国大使
1958年4月24日 - 1960年5月4日
次代:
クリスチアン・ラヴンダ