ジョン・マーレー (神学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・マーレー
John Murray
個人情報
出生 (1898-10-14) 1898年10月14日
イギリスの旗 イギリススコットランド
死去 (1975-05-08) 1975年5月8日(76歳没)1975年5月8日)
イギリスの旗 イギリス
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 神学者神学校教授
出身校 グラスゴー大学プリンストン神学校

ジョン・マーレー(John Murray,1898年10月14日 - 1975年5月8日)は、スコットランド生まれのカルヴァン主義神学者である。

1898年に英国スコットランドに生まれ、スコットランド長老教会に所属した。1923年にグラスゴー大学を卒業した後、渡米しプリンストン神学校に入学し、1927年に同神学校より、業績を認められてジェルストン・ウィンスロップ・フェローシップを受ける。在学中にキャスパー・ホッジロバート・ディック・ウィルソンゲルハルダス・ヴォスグレシャム・メイチェンの元で神学を学んだ。

その後、英国スコットランドに戻り、エディンバラ大学大学院で研究を進めていたが、1929年プリンストン大学より組織神学への専任講師職への招聘を受ける。それを、受託してプリンストン神学校の教壇に立ったが、その年プリンストンは分裂して、メイチェンやコーネリウス・ヴァン・ティルなどの歴史的改革派信仰に忠実な教師が、フィラデルフィアウェストミンスター神学校を創設する。1930年にマーレーはプリンストン神学校を辞任して、ウェストミンスター神学校に移籍する。1937年から1964年まで組織神学教授として奉職する。その間の教え子に日本人では宇田進らがいる。

退職後は、英国で結婚して、著作活動を行い、福音的な運動を担う。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • ジョン・マーレー著、宇田進訳『聖書の贖罪観』オランダ・キリスト教文庫、1993年

関連項目[編集]