ジョン・マッキー (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョン・マッキーJohn Mackey, 1973年10月1日 - )は、アメリカ作曲家である。日本においては特に吹奏楽曲で知られる。

経歴[編集]

オハイオ州ニューフィラデルフィア英語版に生まれ、ウェスターヴィル英語版に育ち、ウェスターヴィル南高校(en:Westerville South High School)に通う。両親は音楽家だったが息子に音楽教育は受けさせず、祖父から楽譜の読み方やコンピュータによる楽譜作成を教わったものの、マッキーは正式に楽器演奏の教育を受けたことはない。教育よりも楽しみを志向した実験的なプログラムを体験したことで、マッキーは自分自身の音楽を書くようになっていった。[1]クリーヴランド音楽大学英語版ドナルド・アーブ英語版に師事し1995年に学士号を取得、ジュリアード音楽院ジョン・コリリアーノに師事し1997年に修士号を取得した。[2][3]楽器演奏による試験を、自分のように楽器のできない作曲家へ求めない方針を持つ機関へマッキーは支援を始めている。この問題についてマッキーは、「楽器の演奏をせずとも作曲をする手立ても明確に存在する」と述べている。[1]

マッキーは1995年から2005年にかけてニューヨークで暮らし、そこではデビット・パーソンズ(David Parsons)やロバート・バトル(Robert Battle)、アイガル・ペリー(Igal Perry)といった舞踏家たちとのコラボレーションを頻繁に行っていた。[4]その後はロサンゼルスオースティンを経て、2016年現在はマサチューセッツ州ケンブリッジ在住。2007年3月、JWECCにおいて「翡翠」が世界初演された際に初来日している。

主な作品[編集]

  • レッドライン・タンゴ(Redline Tango) - 世界初演 2004年2月26日
2004年度ウォルター・ビーラー記念作曲賞、2005年度オストウォルド賞受賞作
  • サスパリラ(Sasparilla) - 世界初演 2005年4月17日
  • タービン(Turbine) - 世界初演 2006年2月24日
  • ストレンジ・ユーモア(Strange Humors) - 世界初演 2006年3月1日
  • ターニング(Turning) - 世界初演 2006年10月9日
  • 翡翠(Kingfishers Catch Fire) - 世界初演 2007年3月17日
  • ソプラノサクソフォーン協奏曲(Concerto for Soprano Sax and Wind Ensemble) - 世界初演 2007年10月23日
  • アンダートゥー(Undertow) - 世界初演 2008年5月18日
  • オーロラの目覚め(Aurora Awakes) - 世界初演 2009年5月8日
2009年度オストウォルド賞ウィリアム・レヴェリ作曲コンテスト受賞作
  • ハーヴェスト(Harvest: Concerto for Trombone) - 世界初演 2010年3月
  • ヒム・トゥー・ア・ブルー・アワー(Hymn to a Blue Hour) - 世界初演 2010年12月3日
  • シェルタリング・スカイ(Sheltering Sky) - 世界初演 2012年4月21日
  • フローズン・カテドラル(The Frozen Cathedral) - 世界初演 2013年3月22日
  • ワイン・ダーク・シー(Wine Dark Sea: Symphony for Band) - 世界初演 2014年2月12日

注釈[編集]

外部リンク[編集]