ジョン・ポール・ゲティ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ポール・ゲティ3世
John Paul Getty III
生誕 (1956-11-04) 1956年11月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス
死没 (2011-02-05) 2011年2月5日(54歳没)
イングランドの旗 イングランドバッキンガムシャーワームズリー
配偶者 ジゼラ・ゲティ(旧姓シュミット 1974年-1993年、離婚)子供1人[1]
子供 バルサザール・ゲティ
ジョン・ポール・ゲティ・ジュニア
アビゲイル・ハリス
親戚 J・ポール・ゲティ(祖父)
ジョージ・ゲティ(曾祖父)
ゴードン・ゲティ英語版(叔父)
マーク・ゲティ英語版(弟)

ジョン・ポール・ゲティ3世(John Paul Getty III、1956年11月4日[1] - 2011年2月5日[2])は、石油王J・ポール・ゲティの孫。1973年に起きた自身の誘拐事件で一躍世界の注目を浴びた。弟のマーク・ゲティは写真配信大手ゲッティイメージズの共同創業者。息子は俳優のバルサザール・ゲティである。

生い立ち[編集]

ジョン・ポール・ゲティ・ジュニアとアビゲイル(旧姓ハリス)の4人の子供達の内の長子。

父親がゲティ家石油事業のイタリア支部トップであった関係で、ゲティは幼児期の大半をイタリアローマで過ごした。両親は1964年に離婚、父親は1966年にモデル・女優のタリサ・ポール英語版と再婚した。彼らはヒッピーのライフスタイルを選択し、1960年代は主にイングランドモロッコで暮らした[3]。ゲティはローマのセント・ジョージ・イングリッシュスクール(後のセント・ジョージ・ブリティッシュ・インターナショナルスクール英語版)の全寮制学校に残った。1971年初め、チャールズ・マンソンのヘルター・スケルターに触発され、一晩かけて学校の廊下をペンキで塗りたくり放校処分となる。同年7月、継母がローマでヘロインの服用過多により死去[4]。父はイングランドへ戻ったが、ゲティはイタリアに残り自由奔放な生活を送り、ナイトクラブに入り浸り、左翼のデモに参加した。芸術家的気質があり、宝石を作り、絵を売り、映画にエキストラとして出演するなどして生計を立てていたという[5]

誘拐[編集]

1973年7月10日の午前3時、当時16歳のゲティはローマのファルネーゼ広場で誘拐された[1]。1700万ドルの身代金を要求する脅迫状が届けられた。脅迫状が届いた時、一部の家族は彼が以前から冗談として言っていたように、単に反抗的な若者による倹約家の祖父から金を引き出すための狂言誘拐だと思った。 彼は山中の隠れ家に目隠しをされ、監禁されていた。2通目の脅迫状が届いたが、イタリアの郵便局のストライキにより配達が遅れた[6]。ジョン・ポール・ゲティ・ジュニアは父のジャン・ゲティ卿に金を要求したが拒否された。ゲティ卿は身代金を支払ってしまうと、14人いる他の孫たちにも誘拐の危険が及ぶと主張した。1973年11月、一房の髪と切り落とされた人間の耳が入った封筒が、320万ドルを払わなければ更なる危害を加えるという脅し文句と共に日刊紙に届けられた「これはポールの耳だ。我々が10日以内に身代金を得られなければ、もう片方の耳も送る。 言い換えると彼には殆ど猶予は残されていない。」[7]

この時点でゲティ卿は身代金支払いに同意したが、支払ったのは所得から控除できる最大限度額の220万ドルのみであった。残りの金額は4%の利子で息子に貸し付けた[6]。支払いを渋るゲティ卿は交渉により約290万ドルで孫を取り戻した。身代金が支払われた直後の1973年12月15日、ゲティ3世はポテンツァ県ラウリーアの給油所で生きて発見された[8]

誘拐犯一味として9人が逮捕された。メンバーには大工、衛生兵、前科者、オリーブ油ディーラーのみならず、ジローラモ・ピロマーリ英語版サヴェーリオ・マンモリーティ英語版といったカラブリア州のマフィア組織ンドランゲタの幹部も含まれていた[8]。この内2人には有罪判決が下り刑務所に送られたが、ンドランゲタのボスも含む他のメンバーは証拠不充分で無罪となった。身代金の大半は戻らなかった[9][10]。1977年、ゲティは誘拐犯によって切り落された耳の再生手術を受けた[1]

A・J・クィネルの小説『燃える男英語版』は、一部この事件から着想を得ている[11]

2017年、リドリー・スコット監督によりゲティ3世誘拐事件が『ゲティ家の身代金』として映画化された。

後半生[編集]

1974年、ドイツ人のジゼラ・マルティン・ツァハー(旧姓シュミット)と結婚、彼女は妊娠5ヵ月目であった。ゲティは誘拐の前から彼女と彼女の双子の姉妹ユッタを知っていた。1975年、息子バルサザールが産まれたときゲティは18歳であった。2人は1993年に離婚した[1]。ヨーロッパ映画で俳優に挑戦、ラウル・ルイス監督の『The Territory』やヴィム・ヴェンダース監督の『ことの次第』(ルイスの映画と同時に撮られ、キャストとクルーの一部を使用している)に脇役で出演した[1]

ゲティはアルコール依存症薬物依存症だった。1981年に飲んだジアゼパムメサドン、アルコールのカクテルが肝不全脳梗塞を引き起こし、頸髄損傷と殆ど視力を失うという後遺症を残した[12]。その後も完全に回復する事は無く、残りの人生を重度の障害を抱えたまま過ごした。しかしながら1987年までの、日々の運動療法・物理療法・言語療法の体系的計画への並外れた意志力を示しての取り組みは、幾ばくかの回復の助けとなった。再びコンサートや映画鑑賞に出掛けられるようになり、金属フレームに身体を固定すればスキーをすることさえできた[1]

死去[編集]

2011年2月5日、ゲティはイギリス・バッキンガムシャーのワームズリーで母アビゲイルに介護されながらの長い闘病の末に54歳で亡くなった。1981年の薬物過剰摂取以来、健康はすぐれなかった[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g John Paul Getty III”. The Daily Telegraph (2011年2月7日). 2013年2月1日閲覧。
  2. ^ a b Finally He Is Out Of Pain: Tragic Oil Heir, John Paul Getty III, Dies at 54, After Being Paralyzed For 30 years”. Dailymail.co.uk (2011年2月7日). 2015年6月1日閲覧。
  3. ^ Style » Talitha Getty: The Myth and the Muse”. Dossier Journal. 2015年6月1日閲覧。
  4. ^ Sanchez, Tony (1996). Up and Down with the Rolling Stones: The Inside Story. Da Capo Press. pp. 242. ISBN 0-306-80711-4. 
  5. ^ J. Paul Getty III, 54, Dies; Had Ear Cut Off by Captors”. The New York Times (2011年2月7日). 2015年6月1日閲覧。
  6. ^ a b “Sir Paul Getty”. The Daily Telegraph. (2003年4月17日). http://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/culture-obituaries/1427781/Sir-Paul-Getty-obituary.html 2015年6月1日閲覧。 
  7. ^ BBC News report on the Getty kidnapping”. BBC (2001年6月13日). 2015年6月1日閲覧。
  8. ^ a b Catching the Kidnappers”. Time (1974年1月28日). 2015年6月1日閲覧。
  9. ^ J. Paul Getty III dies at 54; scion of oil dynasty”. Los Angeles Times (2011年2月7日). 2015年6月1日閲覧。
  10. ^ J. Paul Getty III, 54, Dies; Had Ear Cut Off by Captors”. The New York Times (2011年2月7日). 2015年6月1日閲覧。
  11. ^ Davies, Paul. Ed: Nancy Billias. "Be not overcome by evil but overcome evil with good': The Theology of Evil in Man on Fire." Posted in Producing and Promoting Evil. Rodopi, 2010. 221. 2015年6月1日閲覧. ISBN 90-420-2939-0, ISBN 978-90-420-2939-2.
  12. ^ Obituary for John Paul Getty II”. BBC News (2003年4月17日). 2015年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]