ジョン・ホルト (教育者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ホルトJohn Caldwell Holt, 1923年4月14日 - 1985年9月14日)は、アメリカ合衆国の著名な教育者で、教育評論家。教師経験を経て、ホームスクーリング運動を創始、その理論と実践のリーダーであった。ニューヨーク生まれ。

彼は大学卒業後に海軍に入り、潜水艦の乗務員として第二次世界大戦に参加した。戦後、1946年~1952年、世界連邦運動に参加。その後、ヨーロッパのあちこちを歩いて、帰国後に教師となり、1953年~1957年までコロラド州のロッキーマウンテン・スクールで教鞭をとる。その後ボストンに移り、マサチューセッツ州ケンブリッジのシャディ・ヒル・スクール、レズリー・ユリス・スクール、ボストンのコモンウェルス・スクールで1967年まで教える。1967年、ハーヴァード大学大学院で非常勤講師。1968年、UCLAバークレイ校の非常勤講師。1969年~1985年、ホルト協会を設立して、執筆や講演活動を精力的に行う。『子どもたちはなぜ失敗するのか』『子どもたちはどのように学ぶのか』などペンギン・ブックスから出版されている教育実践記録は、世界中で広範な読者を獲得している。

主要な著作[編集]

  • 21世紀の教育よこんにちは 新しい脱学校論(Instead of Educationの邦訳) 学陽書房 1980
  • なんで学校へやるの(Teach Your Own の邦訳) 一光社 1984
  • 教室の戦略(How Children Fail?の邦訳) 一光社 1987
  • 学習の戦略(How Children Learn?の邦訳) 一光社 1987
  • ネヴァー・トゥー・レイト 私のチェロ修業(Never Too Lateの邦訳) 春秋社 2002
  • Freedom and Beyond
  • Escape From Childhood
  • What do I do Monday?

外部リンク[編集]