ジョン・ハワード (初代ノーフォーク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ハワード

初代ノーフォーク公ジョン・ハワード(John Howard, 1st Duke of Norfolk, 1425年頃 - 1485年8月22日)は、イングランドの貴族、政治家。

リチャード3世を支持して1483年ノーフォーク公爵に叙せられたが、1485年にはリチャード3世ともどもボズワースの戦いで敗死した。ノーフォーク公爵ハワード家の祖にあたる。

経歴[編集]

1420年から1430年頃、サー・ロバート・ハワードとその妻マーガレット(初代ノーフォーク公爵ノーフォーク公トマス・モウブレーの娘)の一人息子として生まれた[1][2][3]

1452年から1453年にかけて初代シュルーズベリー伯爵ジョン・タルボットのガスコーニュ遠征軍に従軍し、百年戦争最後の戦いであるカスティヨンの戦いに参戦した[3]

1455年にはノーフォーク州から選出されて庶民院議員となった[1][2]

1461年3月に即位したヨーク派のエドワード4世を支持し、ランカスター派と戦った[3]タウトンの戦いにも参加した[2]。エドワード4世の寵臣となり、同年にナイトに叙されるとともにノーフォークサフォークシェリフ、またノリッジ城コルチェスター城英語版の城守(Constable)に任じられた[1][2]。さらに1467年にはオックスフォードシャーのシェリフ、1467年から1474年にかけては王室財政長官英語版を務めた。1470年にはハワード男爵に叙せられ、1472年にはガーター勲章を受勲した[1][2]。しばしばフランスへの外交使節にも登用された[3]

1483年エドワード5世の退位問題の際には追い落とす側のリチャード3世を支持したため、その功で同年6月ノーフォーク公に叙せられた。臣民への公爵位授与は彼が最初であった[4][5]。また軍務伯海軍司令長官英語版などの重職に任じられている[3]。さらに1484年頃には貴族院の決定により母方のモウブレー家から議会招集令状英語版による爵位(男子がなく女子のみある場合に姉妹間に優劣がない女系継承が可能)であるモウブレー男爵セグレイヴ男爵英語版を継承した[6]

しかし、1485年5月22日ボズワースの戦いでリチャード3世と共に戦死した[7][8]。テッドフォードの小修道院に埋葬されたが、後の宗教改革の際にどこか(恐らくフラムリンガム教会の孫・トマス・ハワードの墓所だろう)に移葬されてしまった。彼の墓所は分からなくなってしまったが、最初の妻キャサリン・モリンズの真鍮記念碑だけは今でもサフォークで見る事ができる。

死後、ノーフォーク公爵はヘンリー7世に剥奪され、子のトマスロンドン塔に投獄された。後にトマスは釈放されたが、ノーフォーク公を取り戻すには1514年を待たなければならなかった。

ボズワースの決戦前夜にトマス・スタンリー男爵ノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーの中立を暗示するメモが手元に残されたと言われるが、真偽は不明。

栄典[編集]

爵位[編集]

1470年10月15日に以下の爵位を新規に与えられた[1]

1483年6月28日に以下の爵位を新規に与えられた[1]

1484年頃にアン・モウブレーの死去後保持者不在英語版となっていた以下の爵位を継承した[6]

勲章[編集]

家族[編集]

1442年にキャサリン・モリンズ(1424年 - 1465年、ウィリアム・ドゥ・モリンズとマージョリー・ウェルズブラウの娘)と結婚、以下の1男4女を儲けた[1]

  1. 長男トマス(1443年 - 1524年) 第2代ノーフォーク公に復権
  2. 長女アン(? - ?) - エドマンド・ゴーゲスと結婚
  3. 次女イサベル(? - ?) - サー・ロバート・モーティマーと結婚
  4. 三女ジェーン (? - ?)
  5. 四女マーガレット(? - ?) - サー・ジョン・ウィンダムと結婚

1467年にマーガレット・チェドワース(1436年 - 1494年、ジョン・チェドワース卿とマーガレット・バウエットの娘)と再婚、娘を1人儲けた[1]

  1. 五女キャサリン(? - 1536年) - 第2代バーナーズ男爵英語版ジョン・バウチャー英語版と結婚

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Heraldic Media Limited. “Norfolk, Duke of (E, 1483)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. “John Howard, 1st Duke of Norfolk” (英語). thepeerage.com. 2016年2月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 522.
  4. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 522-523.
  5. ^ 森護 1987, p. 6/24-25.
  6. ^ a b Heraldic Media Limited. “Mowbray, Baron (E, 1283 or 1640)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月13日閲覧。
  7. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 523.
  8. ^ 森護 1987, p. 25.

参考文献[編集]

公職
先代:
グロスター公
海軍司令長官英語版
1483年1485年
次代:
第13代オックスフォード伯
先代:
ヨーク公
軍務伯
1483年1485年
次代:
初代ノッティンガム伯英語版
イングランドの爵位
新設 初代ノーフォーク公爵
1483年1485年
剥奪
(爵位回復
トマス・ハワード)
保持者不在英語版
(最後の受爵者
アン・ド・モウブレー)
第12代モウブレー男爵
13代セグレイヴ男爵英語版

1484年頃–1485年
剥奪
(爵位回復
トマス・ハワード)
新設 初代ハワード男爵
1470年-1485年
剥奪