ジョン・トロペイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・トロペイ
John Tropea
出生名 Richard Malden Heckstall-Smith
生誕 (1946-01-07) 1946年1月7日(75歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ポップスファンクスムーズジャズソウル・ジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター
レーベル Video Arts、DMP
公式サイト www.johntropea.com

ジョン・トロペイJohn Tropea1946年1月7日 - )は、アメリカ合衆国のギタリスト[1][2][3]

略歴[編集]

トロペイは12歳でギターの研究を始めた。彼の音楽教育はボストンのバークリー音楽大学[3]で続けられ、そこでジャズ・ギターハーモニー作曲ビッグバンドのアレンジを学んだ。ボストンに着いてから後、トロペイはザ・スリー・ディグリーズを含む地元のバンドとジャズやR&Bを演奏し始めた。彼はウェス・モンゴメリージョニー・スミスルイス・ボンファパット・マルティーノジョージ・ベンソンの影響を受けた。彼の指導者の中には、ハモンドB3オルガン奏者のジャック・マクダフジミー・スミスがいた。

バークリー卒業後、トロペイはエウミール・デオダートとレコーディングしツアーを行った。1967年にニューヨークに移り、彼は最も人気のあるセッション・プレーヤーの一人となった。1974年、彼はヴァン・モリソンのアルバム『ヴィードン・フリース』に収録され、シングルとして発表された「Bulbs」と「Cul de Sac」で演奏した。トロペイは、TKレコードのために絶賛された3枚のソロ・アルバムを作成しプロデュースした。最初のソロ・アルバム『トロペイ』は1975年にリリースされ、続いて『ショート・トリップ・トゥ・スペース (宇宙楽園)』、『トゥ・タッチ・ユー・アゲイン』がリリースされた。これらの初期のレコーディングやその他のプロジェクトで、トロペイはウォーレン・バーンハートマイケル・ブレッカーランディ・ブレッカースティーヴ・ガッドドン・グロルニックアンソニー・ジャクソンデイヴィッド・サンボーンデヴィッド・スピノザリチャード・ティーなどの主要なニューヨークのミュージシャンたちと緊密な音楽提携を結んだ。

ダン・シェイファー 1977年 Tortoise International/RCA 45 シングル

1977年にリリースされた、RCAレコード傘下のトータス・インターナショナル・レコード (Tortoise International Records)にてダン・シェイファーの録音による「Baby Now That I've Found You」でギターを弾いた。2012年3月になって、このバージョンはコンピレーション・アルバム『Perhaps...The Very Best of Dan Schafer』に収録された。彼はビリー・コブハム、エウミール・デオダート、ローラ・ニーロハリー・チェイピンポール・サイモン[3]エリック・クラプトンドクター・ジョン[3]と共演している。トロペイは、映画や放送広告用の音楽を書き、編曲した。彼は頻繁に共同プロデューサーであり友人であるウィル・リー[3]と一緒に活動し、アルバム『チェンジ・ザ・ワールド』と『レッツ・ゲット・イット・オン』をリリースし、ニューヨークのミケルズでトロペイ・バンドによるライブ・パフォーマンスを行った。また、1977年から1980年にかけてWABCの番組『Eyewitness News』のエンディングで使用された曲「タンブリン (Tambourine)」[4]を作曲している。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『トロペイ』 - Tropea (1975年、Marlin)
  • 『ショート・トリップ・トゥ・スペース (宇宙楽園)』 - Short Trip to Space (1977年、Marlin)
  • 『トゥ・タッチ・ユー・アゲイン』 - To Touch You Again (1979年、Marlin)
  • 『ライヴ・アット・ミケルズ』 - Live at Mikell's (1982年、Video Arts)[1]
  • 『ニューヨーク・キャッツ・ダイレクト』 - NYC Cats Direct (1986年、DMP)
  • 『チェンジ・ザ・ワールド』 - A Simple Way to Say I Love You (1997年、Video Arts)[1]
  • 『レッツ・ゲット・イット・オン』 - Something Old, New, Borrowed and Blues (1999年、Video Arts)
  • 『スタンダード・インフルエンス』 - Standard Influence (2003年、Video Arts)
  • 『ロック・キャンディ』 - Standard Influence II: Rock Candy (2005年、Video Arts)
  • 『トロペイ10 - ザ・タイム・イズ・ライト』 - Tropea 10: The Time Is Right (2007年、Video Arts)[1]
  • 『ガット・ユア・リズム!』 - Gotcha Rhythm Right Here (2014年、STP)[1][2][3][5]

参加アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Lynam, Robin (2015年6月13日). “Guitarist John Tropea and friends keep the jazz-funk flame burning”. South China Morning Post. 2017年12月10日閲覧。
  2. ^ a b Jazz, All About (2015年6月20日). “John Tropea: Gotcha Rhythm Right Here”. All About Jazz. 2017年12月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Amendola, Billy. “A Different View - John Tropea”. Modern Drummer Magazine. 2017年12月10日閲覧。
  4. ^ Tambourine”. SoulTracks - Soul Music Biographies, News and Reviews (2013年6月2日). 2017年12月10日閲覧。
  5. ^ John Tropea returns to jazz-funk namesake in ‘Gotcha Rhythm Right Here’”. AXS. 2017年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]