ジョン・チーヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・チーヴァー
John Cheever
Johncheever.jpg
誕生 1912年5月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州クインシー
死没 (1982-06-18) 1982年6月18日(70歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州オシニング
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1930年 - 1982年
ジャンル 短編・小説
代表作 『ワップショット家の人びと』(1957年)
『ワップショット家の醜聞』(1964年)
『ファルコナー』(1977年)
主な受賞歴 全米図書賞(1958年、1981年)
ピューリッツァー賞(1979年)
全米批評家協会賞(1979年)
配偶者 マリー・チーヴァー(1941年)
子供 3人(スーザンベンジャミン、フェデリコ)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・チーヴァー(John Cheever、1912年5月27日 - 1982年6月18日)はアメリカ合衆国小説家アメリカ東部のサバーブ(郊外住宅地)で暮らす人々を描いた短編作品を多く手がけ、「the Chekhov of the Suburbs(サバーブのチェーホフ[1]」とも呼ばれる。

略歴[編集]

1912年5月27日、マサチューセッツ州クインシーで生まれる。チーヴァー家は17世紀から続く古い家系だったが、父親が事業に失敗して酒に溺れ、母親が土産物店を営んで家計を支えていた。チーヴァーは名門私立校セイヤー・アカデミー英語版に入ったが、学業不振と素行不良により17歳で退学処分となり、その経緯をもとに書いた処女作『Expelled』が、1930年に『ニュー・リパブリック英語版』誌に掲載された。23歳のときに『ザ・ニューヨーカー』誌に短編が初掲載され、以後ここを主舞台に短編小説を発表していく。

1942年アメリカ陸軍に歩兵として徴兵されたが、訓練映画の脚本家として陸軍信号隊 (Signal Corpsに再配属された。1943年に初の短編集『The Way Some People Live』が出版された。

第二次世界大戦後に本格的な作家活動に入り、J・D・サリンジャーアーウィン・ショーらと並んで洗練された「ニューヨーカー派」の作家として知られた。1951年グッゲンハイム・フェローを授与され、短編を対象としたオー・ヘンリー賞1956年1964年に受賞している。ただし、”軽い”都会派作家とみなされがちで、文学的な評価と商業的な成功を手にするのは、長編小説を世に出して以降になる。

1957年、初の長編小説『ワップショット家の人びと』(The Wapshot Chronicle)を出版し、1958年全米図書賞小説部門を受賞。1964年の第2作『ワップショット家の醜聞』(The Wapshot Scandal)はアメリカ芸術文学アカデミー英語版ウィリアム・ディーン・ハウエルズ賞を受賞。『タイム』誌の表紙をチーヴァーの肖像画が飾る[2]など、高い評価を得た。

1968年、短編『泳ぐひと』(The Swimmer)を原作とする同名映画バート・ランカスター主演により映画化された。

1977年発表の長編第4作『ファルコナー』(Falconer)はシンシン刑務所で囚人相手に文学講座を持った体験をもとに書かれた[3]。『タイム』誌は2005年発表のオールタイム英語小説100作品のひとつに選んでいる[4]

1978年に短編61作品を収めた集大成的な『The Stories of John Cheever』を刊行し、1979年ビューリッツァー賞フィクション部門全米批評家協会賞小説部門を受賞した。ジョン・アーヴィングは『ガープの世界』でピューリッツァー賞有力候補とされながら受賞を逃したが、「尊敬するチーヴァーが受賞したのだから文句はない」と言った[5]1981年には文庫版が全米図書賞小説部門に選ばれている。

私生活では1941年に才媛マリー・ヴィンターニッツ (Mary Winternitz) と結婚し、ニューヨーク郊外のオシニング英語版に住み、3人の子を設けた。長女のスーザン・チーヴァー英語版、長男のベンジャミン・チーヴァー英語版も文筆家となった。作家としての成功の裏では、長年のアルコール依存で体を壊し、1973年に発作で危うく死にかけ、酒を断つため療養施設に入れられた。また、ハリウッド女優ホープ・ラングと不倫関係になったり、同性愛に傾倒するなど、波乱の多い生涯を送った。

1982年6月18日、のため70歳で死去。死後、最後の小説『Oh What a Paradise It Seems』が出版された。

作品[編集]

長編[編集]

  • ワップショット家の人びと The Wapshot Chronicle(1957年) - 菊池光訳、角川書店、1972年
  • ワップショット家の醜聞 The Wapshot Scandal(1964年) - 菊池光訳、角川書店、1975年
  • ブリット・パーク Bullet Park(1969年) - 菊池光訳、角川書店、1972年
  • ファルコナー Falconer(1977年) - 西田実訳、講談社、1979年
  • Oh, What a Paradise It Seems(1982年)

代表的な短編[編集]

The Stories of John Cheever』(1978年、Knopf)に収録された短編作品の一覧。

  • さよなら、弟 Goodbye, My Brother
  • The Common Day
  • 巨大なラジオ The Enormous Radio
  • ああ、夢破れし街よ O City of Broken Dreams
  • 小さなスキー場で The Hartleys
  • サットン・プレイス物語 The Sutton Place Story
  • The Summer Farmer
  • トーチソング Torch Song
  • The Pot of Gold
  • バベルの塔のクランシー Clancy in the Tower of Babel
  • クリスマスは悲しい季節 Christmas is a Sad Season for the Poor
  • 離婚の季節 The Season of Divorce
  • 貞淑なクラリッサ The Chaste Clarissa
  • 治癒 The Cure
  • 引っ越し日 The Superintendent
  • The Children
  • The Sorrows of Gin
  • ひとりだけのハードルレース O Youth and Beauty!
  • The Day the Pig Fell into the Well
  • ニューヨーク発五時四十八分 The Five-Forty-Eight
  • Just One More Time
  • シェイディ・ヒルの泥棒 The Housebreaker of Shady Hill
  • The Bus to St. James's
  • 林檎の中の虫 The Worm in the Apple
  • The Trouble of Marcie Flint
  • The Bella Lingua
  • ライソン夫妻の秘密 The Wrysons
  • カントリー・ハズバンド The Country Husband
  • The Duchess
  • 深紅の引っ越しトラック The Scarlet Moving Van
  • Just Tell Me Who It Was
  • Brimmer
  • 美しい休暇 The Golden Age
  • 兄と飾り箪笥 The Lowboy
  • The Music Teacher
  • 故郷をなくした女 A Woman Without a Country
  • ジャスティーナの死 The Death of Justina
  • Clementina
  • Boy in Rome
  • A Miscellany of Characters That Will Not Appear
  • 幻の女 The Chimera
  • 浜辺の家 The Seaside Houses
  • 橋の上の天使 The Angel of the Bridge
  • The Brigadier and the Golf Widow
  • 世界はときどき美しい A Vision of the World
  • 父との再会 Reunion
  • An Educated American Woman
  • Metamorphoses
  • メネ、メネ、テケル、ウファルシン Mene, Mene, Tekel, Upharsin
  • モントラルド Montraldo
  • The Ocean
  • Marito in Citta
  • 愛の幾何学 The Geometry of Love
  • 泳ぐ人 The Swimmer
  • 林檎の世界 The World of Apples
  • Another Story
  • パーシー Percy
  • 四番目の警報 The Fourth Alarm
  • 正直な井戸掘りのアーテミス Artemis, the Honest Well Digger
  • 三つの物語 Three Stories
  • キャボット家の宝石 The Jewels of the Cabots

短編集[編集]

  • The Way Some People Live(1943年)
  • The Enormous Radio and Other Stories(1953年)
  • シェイディ・ヒル物語 The Housebreaker of Shady Hill and Other Stories(1958年) - 池田睦喜訳、英宝社、1966年
  • Some People, Places and Things That Will Not Appear In My Next Novel(1961年)
  • The Brigadier and the Golf Widow(1964年)
  • 妻がヌードになる場合 - The World of Apples(1973年) - 西田実訳、講談社、1976年
  • The Stories of John Cheever(1978年)
    • 橋の上の天使 川本三郎訳(短編15作)、河出書房新社、1992年、ISBN 978-4-309-20190-0
    • 巨大なラジオ/泳ぐ人 村上春樹訳(短編18作+エッセイ2作+柴田元幸と解説対談)、新潮社、2018年、ISBN 978-4-10-507071-7
  • Fall River and Other Uncollected Stories(1994年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lisa W. Foderaro (2014年7月21日). “Home of Cheever, Chekhov of the Suburbs, Is for Sale”. The New York Times. 2021年8月25日閲覧。
  2. ^ TIME Magazine Cover: John Cheever - Mar. 27, 1964” (英語). TIME. 2021年8月24日閲覧。
  3. ^ 川本、1992年、249頁。
  4. ^ All-TIME 100 Novels”. TIME (2005年10月16日). 2021年8月24日閲覧。
  5. ^ 川本、1992年、244頁。