ジョン・ダワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ダワー (John W. Dower, 1938年6月21日 - ) は、アメリカ合衆国歴史学者マサチューセッツ工科大学教授。専攻は、日本近代史。妻は日本人。

来歴[編集]

ロードアイランド州プロビデンス生まれ。アマースト大学卒業ハーヴァード大学博士号取得。

アマースト大学時代はアメリカ文学を専攻していたが、1958年に来日し金沢市滞在を契機に日本文学に関心を移し、ハーヴァード大学大学院に進学後、森鴎外の研究で修士号を取得。その後、アメリカ空軍勤務や、金沢女子短期大学の英語講師、出版社編集助手を務める。

帰国後、博士課程では日米関係を専攻し、後に刊行される『吉田茂とその時代』の前半部分に相当する戦前の吉田茂の研究で博士号を取得した。

ネブラスカ大学講師、ウィスコンシン大学マディソン校助教授・准教授・教授、カリフォルニア大学サンディエゴ校教授として教鞭をとり、現職。

業績[編集]

Empire and Aftermath(『吉田茂とその時代』)では、従来論じられることが多かった「リベラルな自由主義者」としての吉田茂像に対して、保守主義者・帝国主義者としての吉田の側面を強く押し出した解釈を提起した。

War without Mercy(『容赦なき戦争』)では、従来の太平洋戦争研究で十分に論じられてこなかった日米の人種観に焦点を当て、戦争が苛烈になった一因を日米両国の有していた相手国への選民意識・蔑視意識にみとめる解釈を示した。

Embracing Defeat:Japan in the Wake of World War II (『敗北を抱きしめて』)では、終戦直後の日本にスポットを当て、政治家や高級官僚から文化人、数々の一般庶民にいたるまであらゆる層を対象として取りあげ、日本に民主主義が定着する過程を日米両者の視点に立って描き出した。 この作品はピュリツァー賞を受賞すると共に、日本でも岩波書店から「敗北を抱きしめて」の題で出版され、ベストセラーになった。

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • The Elements of Japanese Design: A Handbook of Family Crests, Heraldry & Symbolism, (Weatherhill, 1971).
白石かず子訳『紋章の再発見』(淡交社, 1980年
  • Empire and Aftermath: Yoshida Shigeru and the Japanese Experience, 1878-1954, (Harvard University Press, 1979).
大窪愿二訳『吉田茂とその時代(上・下)』(TBSブリタニカ, 1981年中央公論社[中公文庫], 1991年)
  • Japanese History & Culture from Ancient to Modern Times: Seven Basic Bibliographies, (Manchester University Press, 1986).
  • War without Mercy: Race and Power in the Pacific War, (Faber and Faber, 1986).
斎藤元一訳『人種偏見――太平洋戦争に見る日米摩擦の底流』(TBSブリタニカ, 1987年
改題『容赦なき戦争――太平洋戦争における人種差別』(平凡社[平凡社ライブラリー], 2001年)
  • Japan in War and Peace: Selected Essays, (W. W. Norton, 1993).
『昭和――戦争と平和の日本』、みすず書房、2010年
  • Embracing Defeat: Japan in the Wake of World War II, (W. W. Norton, 1999).
三浦陽一高杉忠明田代泰子訳『敗北を抱きしめて――第二次大戦後の日本人(上・下)』(岩波書店, 2001年/増補版, 2004年)
  • Cultures of war: Pearl Harbor / Hiroshima / 9-11 / Iraq, New Press, 2010.
  • Ways of Forgetting, Ways of Remembering: Japan in the Modern World, New Press, 2011.
外岡秀俊訳『忘却のしかた、記憶のしかた――日本・アメリカ・戦争』(岩波書店, 2013年

共編著[編集]

  • The Hiroshima Murals: the Art of Iri Maruki and Toshi Maruki, co-edited with John Junkerman, (Kodansha International, 1985).