ジョン・ジェームズ・ハイデッガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイデッガーの肖像(1749年)

ジョン・ジェームズ・ハイデッガー(英語: John James Heideggerドイツ語: Johann Jakob Heidegger1666年6月16日 - 1749年7月9日)は、スイス出身でイギリスで活躍したオペラ興業主(インプレサリオ)。

生涯[編集]

ハイデッガーはスイスのチューリッヒに生まれた。ドイツ語での名前はヨハン・ヤーコプ・ハイデッガーだった。父親は神学者チューリッヒ大学教授のヨハン・ハインリヒ・ハイデッガー (Johann Heinrich Heideggerである[1]

ハイデッガーが渡英した時期は不明だが、1707年にドルリー・レーン劇場で活動していることから、それ以前にロンドンに住んでいた[2]。ハイデッガーはアン女王、ジョージ1世ジョージ2世の時代を通じて王室に愛された[1]。ジョージ2世はハイデッガーを宮廷祝典局長 (Master of the Revelsに任命した[1]

ハイデッガーはヘイマーケット女王劇場の副支配人だったが、1713年に支配人のオーウェン・スウィニー (Owen Swinyが金庫を持って大陸へ夜逃げすると、かわって自分が支配人になった[3]。1713年から1738年までヘイマーケット劇場の支配人をつとめた[1]、また1720年に新たに結成されたオペラ興業会社の「王室音楽アカデミー」の設立者のひとりであり、その支配人でもあった[4]。ハイデッガーはアレッサンドロ・スカルラッティジョヴァンニ・バッティスタ・ボノンチーニゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオペラを上演し、ヘンデルとは友人になった[1]

王室音楽アカデミーは1728年に倒産したが、翌年ハイデッガーはヘンデルと組んでアカデミーを復活させた[5]。ヘイマーケット劇場は5年間の契約でアカデミーに貸与されたが、1734年に契約期間が終了すると、ハイデッガーはヘンデルのライバルの貴族オペラに劇場を貸し与え、ヘンデルは新設のコヴェント・ガーデン劇場に移らざるを得なかった[6][7]。1737年に貴族オペラが倒産すると、ハイデッガーは再びヘンデルと手を組んでオペラを上演した[8]

ウィリアム・ホガースによる仮面舞踏会の風刺画。「才能あるH----r氏によって発明された」と書かれている

ハイデッガーはまたヘイマーケット劇場での仮面舞踏会の開催によっても有名になった。仮面舞踏会はロンドンで大流行したが、下品でふしだらとされて当時のロンドン大司教エドモンド・ギブスンから批判をあびた。しかしハイデッガーは意に介さなかった[9]。ハイデッガーは仮面舞踏会で年に2000ポンド以上の収益をあげていたという[10]。1729年にミドルセックス大陪審によってハイデッガーは悪徳と不品行を助長するものとされた[2]。ハイデッガーの仮面舞踏会はきわめて悪名高く、ウィリアム・ホガースが何度も風刺画の対象にしているほか、ヘンリー・フィールディングも1728年にレミュエル・ガリヴァーの偽名で「仮面舞踏会」という風刺詩を書いている[2]

ハイデッガーは顔が醜いことで有名であり、「これまでこの世に存在した中で最も醜い男」とまで言われた。顔の醜さにまつわる滑稽な話で社交界に広く名を知られた[11]

1749年にリッチモンドの自宅で没した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e スイス歴史事典
  2. ^ a b c d 英国人名事典
  3. ^ ホグウッド(1991) p.113
  4. ^ 三澤(2007) p.55
  5. ^ 三澤(2007) p.76
  6. ^ ホグウッド(1991) p.213
  7. ^ 三澤(2007) p.97
  8. ^ 三澤(2007) p.113
  9. ^ 渡部(1966) pp.75-76
  10. ^ ホグウッド(1991) p.246
  11. ^ 渡部(1966) p.51

参考文献[編集]

  • G. F. Russell Barker (1891). “Heidegger, John James”. 英国人名事典. 25. pp. 367-368 
  • Andrea Weibel, “Johann Jakob Heidegger”, スイス歴史事典, https://hls-dhs-dss.ch/de/articles/045141 
  • クリストファー・ホグウッド『ヘンデル』三澤寿喜訳、東京書籍、1991年。ISBN 4487760798
  • 三澤寿喜『ヘンデル』音楽之友社〈作曲家 人と作品〉、2007年。ISBN 9784276221710
  • 渡部恵一郎『ヘンデル』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1966年。