ジョン・シャーリー=カーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・シャーリー=カーク(John Shirley-Quirk, 1931年8月28日 - 2014年4月7日)は、イギリスバリトン歌手[1][2]

リヴァプールの生まれ。ホルト高校の聖歌隊声楽の経験を積んだが、当初はヴァイオリンを好み、ヴァイオリンの演奏で奨学金を獲得してリヴァプール大学に進学し、化学物理学を専攻した。一方でオーステン・カーネギーの下で声楽の勉強を続けた。

大学卒業後はアクトン専門学校で化学の講師を務めながらロイ・ヘンダーソンの薫陶を受け、1961年グラインドボーン音楽祭に於いてハンス・ヴェルナー・ヘンツェの《若い恋人たちのエレジー》のイギリス初演でグレゴール・ミッテンホーファー役を代役として歌って声楽家デビューを飾った。

翌年にはクロード・ドビュッシーの《ペレアスとメリザンド》の医師役を歌い、さらにヨハン・ゼバスティアン・バッハクリスマス・オラトリオを歌ってベンジャミン・ブリテンの知己を得た。

1964年にはブリテンの主宰するイギリス・オペラ・グループに参加し、《カーリュー・リヴァー》の渡し守役で評判をとった。

1973年にはコヴェントガーデン王立歌劇場でブリテンの《ヴェニスに死す》の公演に参加し、翌年にはメトロポリタン歌劇場でも《ヴェニスに死す》の公演に参加してアメリカ・デビューを飾った。1982年にはオールドバラ音楽祭の芸術副監督に就任し、

1991年からはボルティモアのピーポディ音楽院で教鞭をとった。

1975年にはCBEを受勲している。

2014年にバースにて死去。

[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]