ジョン・コロンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・コロンカ
John Koronka
OB-John-Koronka.jpg
オリックス時代(2008年9月3日、阪神甲子園球場)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州クリアウォーター
生年月日 1980年7月13日(34歳)
身長
体重
185 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 MLBドラフト12巡目
初出場 MLB / 2005年7月1日
NPB / 2008年7月27日
最終出場 MLB / 2009年5月17日
NPB / 2008年8月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョン・ヴィンセント・コロンカJohn Vincent Koronka , 1980年7月13日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州クリアウォーター出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

1998年MLBドラフトシンシナティ・レッズから12巡目で指名を受け入団。2003年シカゴ・カブスに移籍し、2005年にメジャーデビューを果たした。

2008年6月、コロラド・ロッキーズ3Aからオリックス・バファローズに入団。

先発左腕投手として期待され、7月27日楽天戦(京セラドーム大阪)で来日初登板初先発を果たし、7回途中2失点の好投を披露。しかし、8月12日のロッテ戦では3回途中4失点、8月19日の楽天戦では4回途中3失点と結果を残せず、その後登録抹消。

結局、その3試合の登板で0勝1敗、防御率6.75に終わり、シーズン終了後に退団となった。

2009年フロリダ・マーリンズとマイナー契約をし[1]、5月にメジャーに昇格した。

2010年6月26日、独立リーグであるアトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズに入団。8月3日に放出されるも、2011年5月8日に再契約した[2]

2011年12月5日、現役を引退し、シカゴ・カブスのフロリダ地域のスカウトに就任した。

プレイスタイル[編集]

球速的には140km/h台前半ながらも、両サイドにキッチリ投げ分けられる制球力を持ち、本人が最も自信を持っているというストレート、変化球はチェンジアップカーブカットボールを投じる。

その投球スタイルは、MLB時代にはトム・グラビンに似てると喩えられた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 CHC 4 3 0 0 0 1 2 0 0 .333 76 15.2 19 2 8 0 0 10 1 2 13 13 7.47 1.72
2006 TEX 23 23 0 0 0 7 7 0 0 .500 554 125.0 145 17 47 2 5 61 4 1 80 79 5.69 1.54
2007 2 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 52 10.1 16 0 5 0 1 2 0 0 9 9 7.84 2.03
2008 オリックス 3 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 61 12.0 16 2 8 1 0 11 0 1 9 9 6.75 2.00
2009 FLA 2 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 41 7.1 11 4 7 0 0 4 0 0 11 9 11.05 2.45
MLB:4年 31 30 0 0 0 8 13 0 0 .381 723 158.1 191 23 67 2 6 77 5 3 113 110 6.25 1.63
NPB:1年 3 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 61 12.0 16 2 8 1 0 11 0 1 9 9 6.75 2.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (2005年)
  • 41 (2006年 - 2007年)
  • 12 (2008年)
  • 30 (2009年)

脚注[編集]

  1. ^ Marlins sign eight to Minors deals”. MLB.com (2009年1月13日). 2009年1月13日閲覧。
  2. ^ Transactions

関連項目[編集]

外部リンク[編集]