ジョニー・ダンフリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョニー・ダンフリーズ
基本情報
フルネーム ジョン・コラム・クライトン=ステュアート
国籍 イギリスの旗 イギリス
(スコットランドの旗 スコットランド)
出身地 同・ビュート島ロスシー
生年月日 (1958-04-26) 1958年4月26日
没年月日 (2021-03-21) 2021年3月21日(62歳没)
F1での経歴
活動時期 1986
所属チーム '86 ロータス
出走回数 16 (15スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 3
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1986年ブラジルGP
最終戦 1986年オーストラリアGP
テンプレートを表示

第7代ビュート侯爵ジョン・コラム・クライトン=ステュアート(John Colum Crichton-Stuart, 7th Marquess of Bute, 1958年4月26日 - 2021年3月21日)は、イギリスの貴族、元レーシングドライバー。1984年イギリスF3チャンピオン、1988年ル・マン24時間レース優勝者。

1993年に爵位を継承するまでダンフリーズ伯爵英語版儀礼称号で称されていたため、ジョニー・ダンフリーズ(Johnny Dumfries)とも呼ばれる。

経歴[編集]

F1以前[編集]

イギリスの貴族の第6代ビュート侯爵ジョン・クライトン=ステュアート英語版とその妻ベアトリス(旧姓ウィルド=フォレスター)の間の長男として生まれる[1][2]。ビュート侯爵ステュアート家はステュアート朝の最初のスコットランド王ロバート2世の私生児ジョン・ステュアート (John Stewart) を祖とするスコットランド貴族の家系であり、先祖の当主の一人に18世紀中期に英国首相を務めた第3代ビュート伯爵ジョン・ステュアートがいる[3]

高等教育ではなくレースに興味を持ち、1980年に100ccカートでキャリアをスタートさせ、1981年からはフォーミュラ・フォードに参戦。1982年まで2年間参戦した。

1983年にはイギリスF3にステップアップを果たし、最高3位。2年目の1984年には10勝を挙げ、圧倒的な差でチャンピオンを獲得した。またこの年はヨーロッパF3にも参戦、4勝でランキング2位となっている。

この頃よりF1チームからも注目され始め、1985年にはフェラーリからテストドライバーに抜擢された。このためダンフリーズはマシン開発に1年を費やしたが、傍らで国際F3000にスポット参戦、入賞1回を記録している。

F1[編集]

1986年、ロータスアイルトン・セナデレック・ワーウィックのラインナップでF1に参戦する予定だったが、セナが「トップドライバーが2人いることは、チーム力の分散になる」とワーウィックを拒否。このため急遽ダンフリーズに白羽の矢が立ち、F1参戦が決定した。セナは1983年のイギリスF3チャンピオンであり、1983年・1984年のチャンプ同士が組む結果となった。

しかしダンフリーズは全16戦中、予選ではベストグリッド8位、決勝でも入賞2回(最高位5位)に終わり、ランキングは13位。予選で8回のポールポジション、決勝で2勝を記録し、チャンピオン争いの末ランキング4位となったセナと比較すると大きく見劣りする結果となった。特に予選の平均タイムではセナに3秒以上の遅れを取っていた。

元々チーム力の分散を危惧して急遽抜擢されたということもあり、支給されるパーツやチーム内での立場においてダンフリーズはぞんざいな扱いを受けていた。しかしその点を考慮してもこの成績はチームを納得させるに至らなかった。またロータスは翌1987年よりホンダからエンジン供給を受けることになり、それに伴いセナのチームメイトに中嶋悟を迎え入れることを決めた。これによりダンフリーズは1年でF1から去る結果となった。

F1後[編集]

1987年は世界スポーツプロトタイプカー選手権(以下:WSPC)にジャガーで参戦、スパ1000kmで総合優勝を記録した。ル・マン24時間レースではザウバーから参戦、最終的にはリタイヤに終わったものの、ファステストラップを記録している。

1988年も、WSPCに前年から引き続き参戦するが、好成績は残せなかった。しかしル・マン24時間レースにおいては、ジャガーからヤン・ラマースアンディ・ウォレスとのトリオで参戦、総合優勝を果たした。またデイトナ24時間レースでも、エディ・チーバージョン・ワトソンと共に参戦し2位の成績を収めている。この年より3年間は、ベネトンF1チームのテストドライバーとしても活動[4]アクティブサスペンションの開発を任されてのものだった。

1989年には、トムス-トヨタよりWSPC、ル・マン24時間レースに参戦。翌1990年も同様にトヨタから参戦、ル・マン24時間レースの際には、チームメイトの1人に鈴木亜久里がいた。

1991年はトムスを離れ、クラージュ・コンペティションからル・マン24時間レースに参戦。この年もリタイヤに終わり、優勝した1988年以外は全てリタイヤという結果となった。1992年にレーサーを引退。1993年に父が死去し、第7代ビュート侯爵位を継承。日本円にして総資産1,800億円とされる一族の財産を引き継ぎ、スコットランドビュート島マウント・ステュアート・ハウス英語版カムナック英語版ダンフリーズ・ハウス英語版を住居とする[1]

2021年3月、家族から死去が公表された[5][6]

栄典[編集]

爵位/準男爵位[編集]

1993年7月22日に父ジョン・クライトン=ステュアート英語版の死去により以下の爵位を継承した[1][2]

  • 第7代ビュート侯爵(7th Marquess of Bute)
    (1796年2月21日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第12代ダンフリーズ伯爵英語版(12th Earl of Dumfries)
    (1633年6月12日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第10代ビュート伯爵(10th Earl of Bute)
    (1703年4月14日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第7代ウィンザー伯爵(7th Earl of Windsor)
    (1796年2月21日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第12代エアー子爵(12th Viscount of Ayr)
    (1622年2月2日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第10代キンガース子爵(10th Viscount Kingarth)
    (1703年4月14日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第7代ワイト島のマウントジョイ子爵(7th Viscount Mountjoy, of the Isle of Wight)
    (1796年2月21日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第20代サンカーのクライトン卿(20th Lord Crichton of Sanquhar)
    (1488年1月29日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第12代サンカー卿(12th Lord Sanquhar)
    (1622年2月2日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第12代サンカー及びカムナックのクライトン卿(12th Lord Crichton of Sanquhar and Cumnock)
    (1633年6月12日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第10代カムラーおよびインチマーノックのマウントステュアート卿(10th Lord Mount Stuart, Cumra and Inchmarnock)
    (1703年4月14日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第8代ヨーク州ウォートレイのマウント・ステュアート男爵(8th Baron Mount Stuart , of Wortley in the County of York)
    (1761年4月3日の勅許状による創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 第7代カーディフ城のカーディフ男爵(7th Baron Cardiff, of Cardiff Castle)
    (1776年5月20日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第12代(ビュートの)準男爵(12th Baronet, of Bute)
    (1627年3月28日の勅許状によるノバスコシア準男爵位)

子女[編集]

1984年にキャロリン・ワデル(Carolyn Waddell)と結婚し、彼女との間に以下の3子を儲けた[1][2]

  • 第1子(長女)キャロライン・クライトン=ステュアート嬢(Lady Caroline Crichton-Stuart, 1984年生)
  • 第2子(次女)キャサリン・クライトン=ステュアート嬢(Lady Cathleen Crichton-Stuart, 1986年生)
  • 第3子(長男)ジョン・ブライソン・クライトン=ステュアート(John Bryson Crichton-Stuart, Lord Mount Stuart, 1989年12月21日生) - 第8代ビュート侯爵。

キャロリンと1993年に離婚。1999年にセリナ・ウェンデル(Serena Wendell)と再婚。彼女との間に以下の1子を儲けた。

  • 第4子(三女)ローラ・アフリカ・クライトン=ステュアート嬢(Lady Lola Affrica Crichton-Stuart, 1999年生)

補足[編集]

引退後、世界の富豪を紹介する番組内で、ダンフリーズが紹介されたことがある。この際、城の内部やプール、読書などの様子が流れた。僅かではあるが、レーサーだったことにも触れられ「レースをしていた頃は、毎日が刺激だったが、今は退屈でうんざりする」との発言もあった。

この内容は、日本でも『世界まる見え!テレビ特捜部』を通じて紹介されている。

レース戦績[編集]

イギリス・フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント 参照
1984年 デイヴ・プライス・レーシング VW A SIL
1
THR
1
SIL
1
ZOL
2
THR
1
THR
1
DON
1
SIL
4
SNE
1
DON
9
OUL SIL
1
SPA
7
ZAN BRH
Ret
THR
1
SIL
1
1位 106 [7]

ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 順位 ポイント
1984年 デイヴ・プライス・レーシング VW DON
1
ZOL
2
MAG LAC
2
ÖST SIL
1
NÜR
1
MNZ
Ret
PER MUG
4
KNU
Ret
NOG
4
JAR
1
2位 54

国際F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1985年 オニクス・レーシング SIL
Ret
THR
7
EST
Ret
NÜR
C
VAL
6
PAU 16位 1
ローラ・モータースポーツ SPA
Ret
DIJ
10
PER ÖST ZAN DON
1988年 GEMモータースポーツ JER VAL PAU SIL MNZ PER BRH BIR BUG ZOL
Ret
DIJ
13
NC 0

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1986年 ロータス 98T BRA
9
ESP
Ret
SMR
Ret
MON
DNQ
BEL
Ret
CAN
Ret
DET
7
FRA
Ret
GBR
7
GER
Ret
HUN
5
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
9
MEX
Ret
AUS
6
13位 3

ル・マン24時間レース[編集]

クラス No. タイヤ 使用車両 チーム コ・ドライバー 周回 順位 クラス順位
1987年 C1 62 M ザウバー・C9
メルセデス・ベンツ M117 5.0L V8ターボ
スイスの旗 クーロス・レーシング アメリカ合衆国の旗 チップ・ガナッシ
ニュージーランドの旗 マイク・サックウェル
37 DNF DNF
1988年 C1 2 D ジャガー・XJR-9LM
ジャガー・7.0L V12
イギリスの旗 シルクカット・ジャガー
イギリスの旗 トム・ウォーキンショー・レーシング
オランダの旗 ヤン・ラマース
イギリスの旗 アンディ・ウォレス
394 1位 1位
1989年 C1 37 B トヨタ・89C-V
トヨタ・R32V 3.2L V8ターボ
日本の旗 トヨタチーム・トムス イギリスの旗 ジェフ・リース
イギリスの旗 ジョン・ワトソン
58 DNF DNF
1990年 C1 37 B トヨタ・90C-V
トヨタ・R32V 3.2L V8ターボ
日本の旗 鈴木亜久里
イタリアの旗 ロベルト・ラヴァーリア
64 DNF DNF
1991年 C2 13 G クーガー・C26S
ポルシェ・Type-935 3.0L 水平対向6気筒ターボ
フランスの旗 クラージュ・コンペティション スウェーデンの旗 アンデルス・オロフソン
スウェーデンの旗 トーマス・ダニエルソン
45 DNF DNF

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Lundy, Darryl. “John Colum Crichton-Stuart, 7th Marquess of the County of Bute” (英語). thepeerage.com. 2015年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c Bute, Marquess of (GB, 1796)”. Cracroft's Peerage. 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ Stewart Clan Scots Connection (2020年2月4日閲覧)
  4. ^ ベネトン・テストドライバーのダンフリーズ アクティブ・サス仕様のベネトン・B188を走らせる F1GPX 1989カレンダー号 3頁 山海堂
  5. ^ Johnny Dumfries: Ex-F1 driver & Le Mans 24 Hours winner dies aged 62 - BBC Sport・2021年3月22日
  6. ^ Ex-Formula 1 driver Marquess of Bute dies aged 62” (英語). STV News (2021年3月22日). 2021年3月26日閲覧。
  7. ^ Formula 3 1984 - Race Index - Great Britain”. www.the-fastlane.co.uk. 2021年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]

グレートブリテンの爵位
先代:
ジョン・クライトン=ステュアート英語版
第7代ビュート侯爵
1993年–2021年
次代:
ジョン・クライトン=ステュアート
イギリスの儀礼席次
先代:
第9代ハートフォード侯爵英語版
ジェントルメン英語版 次代:
第9代ウォーターフォード侯爵英語版
タイトル
先代:
アイルトン・セナ
イギリス・フォーミュラ3選手権優勝者
1984年英語版
次代:
マウリシオ・グージェルミン
先代:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
アル・ホルバート
ル・マン24時間優勝者
1988 with:
ヤン・ラマース
アンディ・ウォレス
次代:
ヨッヘン・マス
マヌエル・ロイター
スタンレー・ディケンズ