ジョン・クレイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョン・クレイトン(John Clayton)

実在の人物[編集]

架空の人物[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 彼が幼いうちに死んだ父親の日記に「ジョン・クレイトン2世」と彼を呼ぶ描写がある[1]
  2. ^ なお、先代グレイストーク卿はターザンの叔父(父の弟)である[2]

出典[編集]

  1. ^ エドガー・ライス・バローズ『ターザン』厚木淳 訳、創元社、1999年、P336。
  2. ^ エドガー・ライス・バローズ『ターザン』厚木淳 訳、創元社、1999年、P113・210。