ジョン・オーウェン・ブレナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ブレナン、2013年3月

ジョン・オーウェン・ブレナン英語: John Owen Brennan1955年9月22日 - )は、アメリカ合衆国官僚2013年3月より中央情報局(CIA)第23代長官を務めた。

ニュージャージー州ノースバーゲン生まれ。

1977年フォーダム大学政治学部卒業後、カイロアメリカン大学でアラビア語を学び、1980年テキサス大学で中東研究の修士課程修了。

中央情報局(CIA)に入局し25年間勤務[1]。情報分析官、リヤド支局長、CIA長官補佐官などを歴任。在勤中、テロ容疑者に対しウォーターボーディングなど過酷な尋問をしたと批判を浴びたことがある[1]

2004年8月-2005年8月、国家テロ対策センター長。

2009年1月-2013年3月、バラク・オバマ政権1期目の国土安全保障・テロ対策担当補佐官。無人機によるテロ容疑者暗殺作戦を遂行し、また、2011年5月のウサーマ・ビン・ラーディンの殺害作戦で大きな役割を果たした[1][2]

アラビア語に堪能[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c オバマ政権、外交・安保チーム固まる 対話重視路線が鮮明に”. 日本経済新聞 (2013年1月8日). 2015年1月19日閲覧。
  2. ^ a b ジョン・ブレナン テロ対策 オバマの秘密兵器”. ロシアの声日本語版 (2013年2月7日). 2015年1月19日閲覧。
官職
先代:
デヴィッド・ペトレイアス
アメリカ合衆国中央情報局(CIA)長官
2013年3月 - 2017年1月
次代:
マイク・ポンペオ