ジョン・ウィスター・シンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジョン・ウィスター・シンプソン(John Wistar Simpson, 1914年9月25日 - 2007年1月4日)は、アメリカ合衆国電子工学者で、核エネルギーの発展に多大な貢献を残した[1]

彼は1914年にサウスカロライナ州グレンスプリングスで生まれた。1937年にウェスティングハウス・エレクトリックに就職し、1941年にピッツバーグ大学から電子工学の修士号を得た[1]

1946年にはオークリッジ国立研究所で核エネルギーで発電を行うための研究に従事し、最初の原子力潜水艦の構造の設計にも深く関わった。

1966年4月に全米技術アカデミーのメンバーに選ばれた。1971年には「核エネルギーシステムの設計への持続的な貢献」によって1971年にIEEEからエジソンメダルを受賞した。また、IEEEフェロー、アメリカ機械工業会、アメリカ造船船舶工学ソサエティ、原子力産業協会のメンバーにもなった。

"Nuclear Power from Underseas to Outer Space"等のノンフィクションも何冊か執筆している[2]

2007年1月4日、サウスカロライナ州ヒルトンヘッド島で死去した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c “John W. Simpson, 92, Dies. Pioneer of Nuclear Power.”. New York Times. (2007年1月17日). http://www.nytimes.com/2007/01/17/obituaries/17simpson.html 2007年8月21日閲覧。 
  2. ^ Stacy, Susan (2000). [Proving the Principle Acknowledgement Proving the Principle]. Idaho Operations Office of the Department of Energy Idaho Falls, Idaho: Prepared under contract by Jason Associates Corporation for the U.S. Department of Energy, Idaho Operations Office.. pp. 326. ISBN 0160591856. Proving the Principle Acknowledgement.