ジョンベネ殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョンベネ殺害事件
場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コロラド州
ボルダー郡 ボルダー
日付 1996年12月26日 (午前)
概要 女児殺害
死亡者 ジョンベネ・パトリシア・ラムジー
犯人 不明:逮捕者1名、後に嫌疑なしとして釈放
テンプレートを表示

ジョンベネ殺害事件(ジョンベネさつがいじけん)は、1996年12月26日アメリカ合衆国コロラド州ボルダーで起きた殺人事件。また、アメリカで最も有名な未解決事件の1つ。

概要[編集]

当時6歳のジョンベネ・パトリシア・ラムジー(JonBenét Patricia Ramsey、1990年8月6日 - 1996年12月26日)が何者かに誘拐され、1996年12月26日に自宅地下から遺体が発見された事件。2017年現在も容疑者特定には至っていない。

被害者が美少女コンテストでグランプリを何度も獲得し、さらに全米有数のセレブ一家で起こったということもあり、マスコミ関係者から大きく報道された。警察が家族犯行説を取ったことで家族からの協力が得られず、捜査は難航を極めた。

母親のパトリシア(通称:パッツィー)は元ミス・ウェストバージニア。自身では叶えられなかったミス・アメリカになる夢を娘に託し、美少女コンテストにも積極的に参加させていた。父親のジョンはコンピュータ会社を経営しており、兄弟には3歳上の兄・バークがいた。

事件[編集]

1996年12月25日の夜、ジョンベネとその家族は友人らとクリスマスパーティーに出席、一家はパーティーが終わると自宅へ戻り、ジョンベネはすでに車の中で眠ってしまっていたため、父親が抱きかかえてベッドに連れて行った。

翌26日の朝、ボルダー警察署にジョンベネの母親から「私の娘のジョンベネが誘拐された」との電話があり、捜査本部が設置された。

自宅の階段に犯人からの物と思われる脅迫状が置かれており、それを発見した父親が捜査官などに見せたところ、手書きで合計3枚で、自宅のキッチンにあった黄色いメモ用紙に書かれていた。脅迫状には「警察には連絡するな。午前8時から10時頃に連絡する。警察に連絡したら娘を殺す。金を用意しろ」などと書かれていた。

しかし、指定された10時を過ぎても犯人からの連絡はなく、捜査官が再度家中を探し直した結果、前に探さなかった地下室でジョンベネの遺体が発見され、ただちに検死解剖が行われた。ジョンベネの遺体は、口はガムテープで塞がれ、首に紐で縛った痕、頭部に打撲傷(懐中電灯で2回強く叩いたもの)があり、手のひらにはハートマークが書かれていた(このマークについては、いまだに謎のまま)。

なお、この事件は警察が現場維持を怠るという初歩的なミスを犯したため、ジョンベネの遺体に付着していたと考えられる多くの物的証拠が、両親の涙などで台無しとなってしまい、捜査をいたずらに難航させる結果になってしまった。

事件後の経過[編集]

捜査の結果、家の塀には足を引きずった跡なども見つかり、検死解剖の結果、性的暴行を受けていたことが判明。また、脅迫状には「金を用意しろ」と書かれていたが、捜査官は「性的暴行だけが目的であり、誤って殺害されたもの」との見解を示した。

身代金11万8000ドルという数字は、事件当時に父親・ジョンが受け取っていたボーナスと全くの同額であり、ラムジー家の内情に精通している者の犯行を強く示唆していた。

事件発生から数ヶ月後、ジョンベネと同じダンス教室でダンスを習っていた少女・エミリーが、何者かに性的暴行を受けて誘拐されそうになった。

母親のパッツィーは1993年に癌の診断を受け、その後は回復に向かっていたものの、2002年に再発。2006年6月、卵巣癌のため死去した。

その後、2006年8月16日タイバンコクで元教師の米国人男性が容疑者として逮捕された。逮捕後、男性はコロラド州に移送され、DNA鑑定が行なわれたものの、鑑定結果は不一致。この容疑者は嫌疑なしとなり釈放され、事件は振り出しに戻った。

2008年7月9日、新たに行われたDNA鑑定により、ジョンベネの家族の潔白が改めて証明されることになった。ジョンベネの衣類などから採取されていた犯人のものとされる男のDNAが、家族の誰とも一致しなかったのである。しかし、当初の報道のセンセーショナルさはあまりに強烈であり、現在でもこれを信じ、家族の犯行であると頑なに主張している者も少なくない[1]

2013年10月26日、地元裁判所が事件捜査を受けた1999年当時の大陪審の決定書を公表した[2]。その中身は『殺害の実行犯は不明だが、ジョンベネが何者かに誘拐されるような形で放置した虐待罪で両親の起訴を促すものであったが、地区検事は「証拠不足」として起訴を断念した』というものであった。

2016年6月22日、当事件の犯人と思われる人物が、最低でも20個の児童ポルノをグーグルのメールアドレスにアップロードした件で逮捕された[1]

専門家たちによる見解[編集]

犯人については、内部犯行説と外部犯行説の2つに分かれており、現在でも討議が繰り返されている。

2012年、当事件の元主任捜査官であるジェームス・コラーは、自著の中で兄犯行説を展開。

2013年7月4日放送のバラエティ番組「ビーバップ!ハイヒール」では、法医学者の上野正彦が当時の死体所見に基づき、長時間抵抗の跡が見られることから簡単に殺せる大人ではなく、子供の犯行(つまり、兄犯行説)であることを確信したというコメントをした。

同年7月24日放送のバラエティ番組「ザ!世界仰天ニュース」では、ジョンベネの父・ジョンが来日出演。その際、事件当時9歳で29kgの息子が頭蓋骨骨折のような深い傷を負わせることは不可能とし、兄犯行説を真っ向から否定。さらにコラーが一度も家族と面会しておらず、DNA鑑定や精神鑑定の結果で家族の潔白が証明されている事実を無視しているとして、強い不信感をあらわにした。

同年7月27日放送のバラエティ番組「世界の何だコレ!?ミステリー」で、父親は改めて内部犯行説を否定し、独自調査で容疑者を5人まで絞り込んだと話した。

同年9月、CBSで放送されたドキュメンタリー番組『The Case of: JonBenet Ramsey』において事件が再検証され、同番組は兄犯行説を支持した[3]

同年12月15日放送のバラエティ番組「奇跡体験!アンビリバボー」では、映画プロデューサーのローレンス・シラーが、DNA鑑定に使われた技術は微量の細胞からもDNA採取できてしまうため、採取されたDNAが犯人のものとは断定できず、家族の潔白が証明されたことにはならないとし、当時の検察が一家を容疑者から外したことに疑問を呈した。

先述の通り、時間の経過とともに内部犯行、特に兄犯行説が有力となりつつあるものの、肝心の兄・バークは徹底的に捜査拒否をしており、今後も捜査が進展する可能性は低いものとみられている。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b FoxNews.com, 2016.
  2. ^ 大陪審が起訴促すも検事断念 ジョンベネちゃん事件の決定書公表 産経新聞 2013年10月26日
  3. ^ 「ジョンベネ殺害事件」の真犯人がついに判明か!? 再検証番組が導き出した衝撃の真実に全米震撼!

出典[編集]