ジョンベネ殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョンベネ殺害事件
場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コロラド州
ボルダー郡 ボルダー
日付 1996年12月26日 (午前)
概要 裕福な家の美少女が殺害された
兵器 懐中電灯、ガムテープ
死亡者 ジョンベネ・パトリシア・ラムジー
犯人 不明:逮捕者1名、後に嫌疑なしとして釈放

ジョンベネ殺害事件(ジョンベネさつがいじけん)は、アメリカコロラド州ボルダーで当時6歳の美少女、ジョンベネ・パトリシア・ラムジー(JonBenét Patricia Ramsey、1990年8月6日 - 1996年12月26日)が誘拐され、1996年12月26日に自宅地下から遺体が発見された事件。容疑者は逮捕されておらず、2015年現在も未解決となっている。

概要[編集]

被害者が美少女コンテストの常連(グランプリを何度も獲得した者)であったことが大きく報道され、警察が家族犯行説を取ったことで家族から協力が得られず、捜査が難航した。母親のパトリシア(パッツィー)は元ミス・ウエストバージニア。自身では叶えられなかったミス・アメリカになる夢を娘に託し、美少女コンテストにも積極的に参加させていた。父親のジョンはコンピュータ会社を経営しており、家は部屋数が15以上もある豪邸で大変裕福な家庭であった。

事件[編集]

1996年12月25日の夜、ジョンベネとその家族は友人らとクリスマスパーティーに出席、一家はパーティーが終わると自宅へ戻り、ジョンベネはすでに車の中で眠ってしまっていたため、父親が抱きかかえてベッドに連れて行った。

翌26日の朝、ボルダー警察署にジョンベネの母親から「私の娘のジョンベネが誘拐された」との電話があり、捜査本部が設置された。

自宅の階段に犯人からの物と思われる脅迫状が置かれており、それを発見した父親が捜査官などに見せたところ、手書きで合計3枚で、自宅のキッチンにあった黄色いメモ用紙に書かれていた。脅迫状には「警察には連絡するな。午前8時から10時ごろ連絡する。警察に連絡したら娘を殺す。金を用意しろ」などと書かれていた。

脅迫状で指定された10時を過ぎても犯人からは連絡はなかった。再度家中を探しなおした結果、前に探さなかった地下室でジョンベネの遺体が発見され、ただちに検死解剖がおこなわれた。ジョンベネの遺体は、口はガムテープで塞がれ、首に紐で縛った痕、頭部に打撲傷(懐中電灯で2回強く叩いたもの)があり、手のひらにはハートマークが書かれていた。

事件後の経過[編集]

捜査の結果、家の塀には足を引きずった跡なども見つかり、検死解剖の結果、性的暴行を受けていたことが判明。また、脅迫状には「金を用意しろ」と書かれていたが、捜査官は「性的暴行だけが目的であり、誤って殺害されたもの」との見解を示した。

身代金11万8000ドルという数字は、父親ジョンがその時期受けとったボーナスの額と全く同額であり、ラムジー家の内情に精通している者の犯行を強く示唆していた。

また、事件から数ヵ月後には、ジョンベネと同じダンス教室でダンスを習っていた別の少女、エミリーが何者かに誘拐されそうになっている。

母親のパッツィーは1993年に癌の診断を受け、その後回復に向かったものの2002年に再発。2006年6月、卵巣癌のため死去した。

その後、2006年8月16日タイバンコクで元教師の米国人男性が容疑者として逮捕された。逮捕後、男性はコロラド州に移送され、DNA鑑定が行なわれたものの、鑑定結果は不一致であり、この容疑者は嫌疑なしとなり釈放された。事件は振り出しに戻った。

2008年7月9日、新たに行われたDNA鑑定により、ジョンベネの家族の潔白が改めて証明されることになった。ジョンベネの衣類などから採取されていた犯人のものとされる男のDNAが、家族の誰とも一致しなかったのである。しかし、当初の報道のセンセーショナルさはあまりに強烈であり、現在でもこれを信じ、家族の犯行であると頑なに主張している者も少なくない[1]

この事件では、警察が現場維持を怠るという初歩的なミスを犯したため、ジョンベネの遺体に付着していたと考えられる多くの物的証拠が両親の涙などで台無しになり、捜査をいたずらに難航させる結果になってしまった。

2013年になって、地元裁判所が事件捜査を受けた1999年当時の大陪審の決定書を公表した[2]。その中身は『殺害の実行犯は不明だが、ジョンベネが何者かに誘拐されるような形で放置した虐待罪で両親の起訴を促すものであったが、地区検事は「証拠不足」として起訴を断念した』というものであった。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロイター (2008年7月10日). “ジョンベネちゃん殺害事件、両親の潔白証明される”. 2009年1月16日閲覧。
  2. ^ 大陪審が起訴促すも検事断念 ジョンベネちゃん事件の決定書公表 産経新聞 2013年10月26日

外部リンク[編集]