ジョレス・メドヴェージェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジョレス・アレクサンドロヴィチ・メドヴェージェフロシア語: Жоре́с Алекса́ндрович Медве́дев英語: Zhores Aleksandrovich Medvedev1925年11月14日 - )は、ロシア生物学者歴史家双子の弟は歴史家のロイ・メドヴェージェフ[1]

経歴[編集]

ソビエト連邦下のグルジアトビリシで生まれた。父親は赤軍軍政アカデミーの哲学講師、マルクス主義研究者であったが、大粛清のさなかである1938年ブハーリン主義者であるとして逮捕され、モスクワのブティルカ監獄(ru:Бутырская тюрьма)で長期にわたって拷問を受けたあと、シベリア東部コルィマ強制収容所ラーゲリ)に送られ、1941年に死亡した。ジョレス、ロイと母親は宿舎を追われ、転々とした後ロストフ・ナ・ドヌに移住したが、独ソ戦のためトビリシに避難した[1][2]。モスクワの農科大学(ru:Московская сельскохозяйственная академия имени К. А. Тимирязева)に進み、生物学博士候補となった[1]

1969年に『ルイセンコ学説の興亡』をアメリカ合衆国で出版したことから、オブニンスクの放射線医学研究所分子生物学研究室長を解任された。カルーガの精神病施設に予防拘禁され、同書の出版や、地下出版とのかかわりについて尋問された。1973年イギリス出張中にソビエト連邦国籍を剝奪されたが、1990年回復した[3]

ソビエト連邦共産党除名されてからも国内で活動し続けたロイと異なり、ジョレスは非党員でありイギリスに国外追放されたが、ともに言論の自由表現の自由学問の自由のために闘った点で共通しており、多くの共著がある[2]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]