ジョルジュ・ルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョルジュ・ルー
George Roux
Treasure-island03.png
宝島』の挿絵(1885年)
生誕Alexandre-Georges Roux
(1853-04-05) 1853年4月5日
フランスの旗 フランスGanges
死没1929年1月29日(1929-01-29)(75歳)
フランスの旗 フランスヴェルサイユ
国籍フランスの旗 フランス
著名な実績イラスト絵画
受賞『白と黒の国際展』銀賞
後援者 Pierre-Jules Hetzel

ジョルジュ・ルー(George Roux, 1853年4月5日 - 1929年1月29日)はフランス画家イラストレーター。作品の署名には gRoux を用いた。

略歴[編集]

ジョルジュ・ルーとして知られるアレクサンドル=ジョルジュ・ルー(本名:Alexandre-Georges Roux)は、1853年4月5日に南フランスの旧ラングドック=ルシヨン地域圏エロー県ガンジュ(Ganges)で生まれた。

ルーはジャン=ポール・ローランスアレクサンドル・カバネルに絵画の技法を学び、1880年「サロン・デ・アルティステ・フランセ」(:fr) に絵画作品を出品した。

一方、イラストレーターとしても、レオン・ベネットエドゥアール・リウージュール・フェラアンリ・ド・モントーらとともにジュール・ヴェルヌの小説の挿絵を数多く手がけた。

さらに、ジャン・エカール(:fr) の『カマルグの王』、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの『宝島』、フェルディナンド・ファーブル(:fr) の『タイユヴァン』(Taillevent) などの挿絵も描いている。

1886年にはパリで開催された第2回「白と黒の国際展」(:fr) に出品し、デッサン部門で銀賞を獲得した。

ジョルジュ・ルーは20世紀に入ってからも画業を続け、1929年1月29日、ヴェルサイユの自宅にて75歳で死去した。

2006年、オリヴィエ・デュマ(:fr) は、ジョルジュ・ルーとアレクサンドル=ジョルジュ・ルーが、性別を含めて異なる人物である可能性を指摘した。彼は研究者に署名を比較して実際に同一人物であることを確認することを求めている[1]

作品[編集]

ジュール・ヴェルヌ作品の挿絵[編集]

※年号は初出

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Olivier Dumas, Roux, l'illustrateur (ou l'illustratrice ? des derniers voyages..., Bulletin de la Société Jules-Verne no 158, 2e trimestre 2006, p. 55-56)
  2. ^ カルナヴァレ博物館蔵。1889年のパリ万国博における、エッフェル塔の下で催されたパーティー。
  3. ^ ベジエボザール美術館蔵
  4. ^ ジョルジュ・ルーが描いたピエール=ジュール・エッツェルの出版社『J.Hetzel & Cie.』の全面広告。若者に人気があるジュール・ヴェルヌ、トーマス・メイン・リード、アンドレ・ローリー(Paschal Grousset)などの名が見える。(出典:Wikimedia Commonsの画像解説)