ジョルジュ・ポリツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・ポリツェル
生誕 1903年5月3日
ハンガリーの旗 ハンガリー
死没 1942年5月23日(満39歳没)
フランスの旗 フランス
研究分野 心理学
テンプレートを表示

ジョルジュ・ポリツェル(Georges Politzer、1903年5月3日 - 1942年5月23日)は、ハンガリー出身のフランス哲学者心理学者共産主義者。パリ労働者大学の講師でもあった。1942年3月20日ヴィシー政権下のフランスでナチスに逮捕され、殺害された。

著作[編集]

  • 『哲学の基本的諸原理』(Principes élémentaires de philosophie
  • 『哲学の根本問題』(Principes fondamentaux de Philosophie) 日本語版は『哲学入門』
  • 『具体的心理学評論』(Revue de Psychologie Concréte
  • 寺内礼/富田正二訳『精神分析の終焉 ― フロイトの夢批判論』三和書籍

出典[編集]

執筆の途中です この「ジョルジュ・ポリツェル」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。