ジョルジュ・プーシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョルジュ・プーシェ

ジョルジュ・プーシェ(Charles Henri Georges Pouchet、1833年2月26日 - 1894年3月29日)は、フランス博物学者である。

略歴[編集]

ルーアンで生まれた。父親は博物学者フェリックス・アルシメード・プーシェ(Félix Archimède Pouchet)である。パリ自然史博物館比較解剖学教授を務め、コンカルノー の海洋研究所の所長を務めた。魚類鯨類などの比較解剖学を専門とした。

当時の有名な文人、ギュスターヴ・フローベールギ・ド・モーパッサン、アンリ・セアールらと親交を結び[1]エミール・ゾラとも接点があった。

人類が、いくつかの異なる系統や人種で構成されていると考える多元発生説の提唱者で、1858年に"De la Pluralité des Races Humaines" を発表し、1864年に"The Plurality of the Human Race" のタイトルでイギリス人類学会により英訳された。1856年にナイル川の源流を探索する探検に参加し、1892年にはスヴァールバル諸島ヤンマイエン島への初期の極地探検に参加した。

C.H.G.Pouchetは、植物の学名命名者を示す場合にジョルジュ・プーシェを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著書の図版[編集]

Adrien Barrèreが描いたパリの医学界の人物、左から二人目がプーシェ

著作[編集]

  • De la pluralité des races humaines, 1858 [1]
  • Journal de l’anatomie et de la physiologie, « Charles Philippe Robin (1821-1885) and George Pouchet (1833-1894) », 1878, XIV: 334.
  • La Biologie aristotélique, 1885.
  • Mémoire sur le grand fourmilier (1874).
  • en collaboration avec F. Tourneux, il a refondu son traité d'histologie qui est devenu: Traité d'histologie humaine et d'histogénie (1878).
  • Traité de médecine légale, Legrand du Saulle 、G. Berrierと共著 (1885).
  • Rapport sur le laboratoire de Concarneau (1888).
  • Traité d'ostéologie comparée, H.Beauregardと共著 (1889).
  • Percheron, Bénédicte, 'Georges Pouchet, les fonds marins et l’océanographie', in Actes des congrès nationaux des sociétés historiques et scientifiques sous la direction de J.-P. Gély (édition électronique), Cths, 2012, p. 71 -81, http://cths.fr/ed/edition.php?id=6188

参考文献[編集]

  1. ^ Guy de Maupassant, Chroniques: Nouvelle édition augmentée, p. 129, éd. Arvensa editions, 2014, ISBN 9782368414170.