ジョニー・ドッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニー・ドッズ
出生名 ジョニー・ドッズ
出生 1892年4月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピー州ウェーブランド
死没 1940年8月8日(満48歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州シカゴ
ジャンル ディキシーランド・ジャズ
クラシック・ジャズ
担当楽器 クラリネット
アルト・サクソフォーン
共同作業者 ルイ・アームストロング
キング・オリヴァー
ジェリー・ロール・モートン
Lill's Hot Shots

ジョニー・ドッズ(Johnny Dodds、1892年4月12日 - 1940年8月8日)はニューオーリンズに拠点を置くジャズクラリネット奏者、ジャズ・アルト・サクソフォーン奏者であり、彼自身の名前での録音や、キング・オリヴァージェリー・ロール・モートンラヴィー・オースティン en:Lovie Austinルイ・アームストロングらのバンドとの録音とでもっとも知られている。ドッズは、兄のドラム奏者ベイビー・ドッズの姓でもある。ふたりは1926年ニューオーリンズ・ブートブラックス New Orleans Bootblacks で共に演奏をした。

ドッズはミシシッピ州ウェーブランドに生まれ、青年時代にニューオーリンズに引っ越し、ロレンツォ・ティオにクラリネットを学んだ。ドッズは、フランキー・デューソンキッド・オリーキング・オリヴァーらのバンドと演奏した。ドッズはシカゴへ行き、オリヴァーズ・クレオール・ジャズ・バンド Oliver's Creole Jazz Band で演奏をした。それはドッズが1923年に最初の録音をしたバンドである。ドッズはこの期間、親友のナッティ・ドミニク en:Natty Dominique とも頻繁に演奏をし、仕事上の付き合いは一生涯続いた。1924年にオリヴァーのバンドが解散したのち、ドッズはアルサイド・ヌニェス en:Alcide Nunez の住み込みのクラリネット奏者でバンドリーダーでもあったケリーズ・ステイブルズ en:Kelly's Stables の後を引き継いだ。ドッズはシカゴで数え切れないほどの小さなグループと録音をした。最も注目に値するのはルイ・アームストロングのホット・ファイブとホット・セブン、そしてジェリー・ロール・モートンのレッド・ホット・ペッパーズとの録音である。

ドッズは音楽家としてのプロ意識と技巧、そして彼の心からの濃密にブルースを汲み出すスタイル[1]で有名であり、後のクラリネット奏者たち(特にベニー・グッドマン)に重要な影響を与えた。

ドッズは1930年代はほとんど録音をせず、不健康に冒された。彼は1940年にシカゴで死去した。

1987年、ドッズはダウン・ビート・ジャズに殿堂入りした(en:Down Beat)。

脚注[編集]

  1. ^ heavily blues-laden style.

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、100頁。ISBN 4-915557-12-X